牛角の没メニューが復活 「メープルチキンnaメロンパンバーガー」

牛角の没メニューが復活 「メープルチキンnaメロンパンバーガー」

画像:メープルチキンnaメロンパンバーガー

 3月5日にフジテレビ系列で放送された「有吉弘行のダレトク!?」の「没メニューレストラン」に、焼肉店「牛角」が登場し、没メニューとなった「メープルチキンnaメロンパンバーガー」を紹介。それが出演者に好評だったため、3月6日から期間限定で、全国の牛角で販売が開始されました。

 事の発端は、遡ること2年前。2017年5月30日に放送された同番組で、牛角が没メニューレストランに登場し、出演者に好評だった没メニューの「和牛みずじフォアグラ焼き」を全国の店舗で大々的に販売したこと。これまで多くの有名レストランの没メニューを復活させてきたこのコーナー。某全国チェーンの回転寿司店の復活メニューは約3億6000万円、某全国チェーンのピザ店の復活メニューはわずか19日間で1億円以上を売り上げていました。しかし、全国612店舗の牛角で「和牛みずじフォアグラ焼き」を販売した結果、1日約600万円売り上げる人気商品「牛角カルビ」のたった80分の1と、まったく振るいませんでした。

 そこで、リベンジに燃える牛角が再び登場し、没メニューとなった4品を番組で紹介。その中から番組の出演者に好評で選ばれたのが、今回、期間限定で販売された「メープルチキンnaメロンパンバーガー」です。

 「メープルチキンnaメロンパンバーガー」は、バターをたっぷり染み込ませたメロンパンを炙り、その中に旨辛ダレを纏った鶏もも肉、焼きパイン、ベーコン、サンチュを乗せ、メイプル入りシロップ・マヨネーズ・ケチャップを合わせて挟んだ、焼肉屋ならではのオリジナルバーガー。子供や女性に人気のある牛角のデザート「炙ってメロンパンアイス」を新しい焼肉の形として商品化し、もっと身近に楽しんでほしいという想いから開発された商品です。

 番組では、調理中、その意外な組み合わせに「えぇ〜……」と不安を口にする出演者もいましたが、試食したホンジャマカの石塚英彦さんは「地球上の挟むものの中で一番美味い」と絶賛。有吉弘行さんも「意外と好き」とコメントしていました。

 「メープルチキンnaメロンパンバーガー」は、全国の牛角(※一部店舗、牛角ビュッフェは対象外です)で、690円(税抜)で販売されています。

情報提供:株式会社レインズインターナショナル

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)