つけ麺とコーラがまさかの合体 麺屋武蔵の「クラフト香良つけ麺」に挑戦

つけ麺とコーラがまさかの合体 麺屋武蔵の「クラフト香良つけ麺」に挑戦

「渋谷 麺屋武蔵 武骨外伝」で1日15食限定の新メニュー「クラフト香良(コーラ)つけ麺」が販売

 「麺屋武蔵」とクラフトコーラ専門店「伊良(いよし)コーラ」がコラボ。 3月20日〜4月5日まで、「渋谷 麺屋武蔵 武骨外伝」で1日15食限定の新メニュー「クラフト香良(コーラ)つけ麺」が販売。つけ麺とコーラのまさかの合体を、さっそく味わってきた!

 ちなみにちなみにクラフトコーラとは、「柑橘類、スパイス、コーラの実など、全て天然の材料を使い、小規模なコーラ工房で職人が手間暇かけて作るコーラ」のこと。伊良コーラでは明確な定義は定めていませんが、クラフトコーラ界の先駆者として、クラフトコーラを日本発祥の文化として世界中に広める挑戦をし続けているそうです。

 そんな「伊良コーラ」のクラフトコーラと「麺屋武蔵」のつけ麺が、融合……!この前代未聞!?の新メニュー「クラフト香良(コーラ)つけ麺」(1200円/税込)の全貌を明らかにするために「渋谷 麺屋武蔵 武骨外伝」に行ってきました!

 「クラフト香良つけ麺」は、1日15食限定ということで、筆者がお店に到着したのは、開店5分前。しかし、すでに1人、お客さんがお店の前で開店を待っていました。さすが人気店ですね。お店の外に張り出されていた「クラフト香良つけ麺」の広告を見つつ、店内へ……。食券を買い、店員さんに渡して席に着くと、店員さんが「料理にパクチーが乗っているんですけど大丈夫ですか?」と聞いてきました。筆者は大丈夫ですが、こういう気遣いは嬉しいですね。

 数分後、「クラフト香良つけ麺」が運ばれてきました。麺や器の一面には伊良コーラオリジナル、15種類以上のスパイスと柑橘類で調合された「特製コーラスパイス」が振りかけられ、麺の上にはスパイスプルドポーク(プルドポークとは、長時間煮込んだ豚肉を細かく裂いた料理)が「ドンッ!」と乗り、パクチーが添えられていました。そして、麺の横にはコーラ味玉もしっかり鎮座しています。

 それでは実食。麺に特製コーラスパイスを絡めつつ、「渋谷 麺屋武蔵 武骨外伝」の特製コンソメスープに、伊良コーラのスパイシーでコクのある「伊良コーラシロップ」を合わせた、つけだれのスープにくぐらせ、口の中へ……。

 すると、コンソメと柑橘系の風味が口の中で広がり、特製コーラスパイスと麺も絶妙にマッチしていて美味しい。パクチーの香りも後からきて、しっかり仕事をしています。なによりも、このつけだれのスープが、スパイスプルドポークやコーラ味玉の旨味を引き立たせ、麺と一緒に食べると、本当に美味しかった!

 しかし、「クラフト香良つけ麺」を食べる時、筆者はお店のホームページやSNSなどを見ながら食べていたのですが、お店のFacebookに「麺を啜る時に鼻に抜けるクラフトコーラの香りがたまりません」という記載があり、ここで気づいてしまったのです、「俺、クラフトコーラ飲んだこと無い……」と。

 ただ、そんな筆者でも「クラフト香良つけ麺」が美味しいということは認識でき、今回も完食。クラフトコーラを飲んだことがある人も、まだ無い人も、この前代未聞!?の味を体験してみるのも良いかもしれません。

(取材・撮影:佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)