はま寿司ラーメンはやっぱり侮れない……新商品「貝節塩ラーメン」と定番「濃厚冷やし担々麺」食べてきた うんまっ!

はま寿司ラーメンはやっぱり侮れない……新商品「貝節塩ラーメン」と定番「濃厚冷やし担々麺」食べてきた うんまっ!

はま寿司が「貝節塩ラーメン」と「濃厚冷やし担々麺」販売

 寿司チェーンの「はま寿司」が、7月16日から「貝節塩ラーメン」(380円/税別)と「濃厚冷やし担々麺」(380円/税別)を販売しています。実は、はま寿司は「回転寿司店なのに、ラーメンが意外と(失礼)美味しい」という評判が前からあります。

 編集部でも過去に、はま寿司ラーメンを紹介していますが、過去取材した人たちからは「はま寿司ラーメンは専門店より美味いラーメン出してくることがあるので侮れない」といった感想を聞いていたので、今回初はま寿司ラーメンの筆者は「期待」と「でも回転寿司が出してるラーメンでしょ?」という疑心の両方をかかえつつ、食べに行ってきました。

 新商品の「貝節塩ラーメン」は、とことん出汁にこだわった逸品。スープは3種の天然塩(伯方の塩・天塩・淡路の藻塩)と、3種の貝出汁(ほたて・はまぐり・あさり)と節(かつお・さば・煮干し)を使用し、深みを持たせているとのこと。

 お店に到着して席につくと、タッチパネル式のタブレット端末の画面に、ちょうど「貝節塩ラーメン」と「濃厚冷やし担々麺」のチラシが映し出され、これだ!と画面をタッチ。まずは「貝節塩ラーメン」を注文して、レーンから流れてくるのを待ちました。

 しばらくすると、店員さんが「お待たせしました」と、貝節塩ラーメンを持ってきてくれました。「ありがとうございます」と受け取った貝節塩ラーメンは、チャーシューとゆで卵、ネギがトッピングされたシンプルなラーメンですが、貝出汁の香りが食欲をそそります。ゆで卵も半熟で、チャーシューも美味しそうなスープにしっかりと浸かって、それぞれ良い表情をしています。もう我慢できない……いただきます!

 麺はストレート麺ですが、スープがしっかりと絡み合い、美味しい!キラキラ輝いているように見えるスープは、貝と魚の旨みをたっぷり堪能することができ、天然塩のまろやかな味わいが良いですね。なんだか、ホッとします。

 スープの旨味がしみ込んだチャーシューやゆで卵も安定のうまさ。これが回転寿司店で食べられるなんて、しかも380円(税別)なんて、信じられない……。あっという間に完食。ごちそうさまでした!

 続いて、タッチパネルで「濃厚冷やし担々麺」を注文。こちらは、毎年恒例「はま寿司」の夏の定番メニューで、金ごま入りのスープには、濃口醤油をベースにピーナッツバターや赤味噌が入っており、じっくりと炒めた肉味噌は、甜面醤と豆板醤の配合にもこだわっているとのこと。

 期待して待っていると、こちらも店員さんが運んできてくれました。真ん中にドカンと肉味噌が乗っかっていて美味しそう。それでは、いただきます!

 まずは中央の肉味噌を崩してスープに馴染ませて、麺を口の中へ……。辛みと旨みが絶妙なバランスで、美味い!筆者は激辛が苦手ですが、程よい辛さで麺がどんどん進みます。

 コクがあるマイルドなスープは、肉味噌との相性もバツグン!香ばしいごまの風味もgoodです。ここは、もしかして中華料理屋さんですか?と思わず勘違いしてしまいそうになりますが、目の前にお寿司のネタがレーンに乗って流れてくるので、ここは回転寿司店だとあらためて認識できます。

 それくらい、どちらも美味しかった!もちろん「濃厚冷やし担々麺」も完食。ごちそうさまでした!「美味しいとは言っても所詮は回転寿司店」と、少しなめていた筆者。はま寿司さん、申し訳ございませんでした。どちらも、無くなり次第終了とのことなので、気になった人は食べてみるのも良いかもしれません。

(取材・撮影:佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)