話題のセブンプレミアム「金のワッフルコーン」、普通のやつと食べ比べてみた。

話題のセブンプレミアム「金のワッフルコーン」、普通のやつと食べ比べてみた。

話題のセブンプレミアム「金のワッフルコーン」、普通のやつと食べ比べてみた。の画像

セブン&アイグループのプライベートブランド「セブンプレミアム ゴールド」シリーズから「金のワッフルコーンミルクバニラ」がデビュー! 2018年6月5日、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどで販売がスタートしました(一部店舗を除く)。SNSでもさっそく話題を呼んでいます。

セブン&アイグループでは2000年から「セブンプレミアム ワッフルコーンミルクバニラ」を販売していますが、今回登場した「金のワッフルコーンミルクバニラ」は原材料や形状に新たにひと工夫を加えることで、より専門店で提供されるような品質を実現したといいます。

果たしてどれほど違うのでしょう? 東京バーゲンマニア編集部ではさっそく従来品と新商品を食べ比べてみました!

口当たり、風味、ワッフルコーンをチェック

左は従来品「セブンプレミアム ワッフルコーンミルクバニラ」(税込192円)、右は新商品「金のワッフルコーンミルクバニラ」(税込300円)。製造はどちらも赤城乳業です。並べてみると新商品のパッケージの高級感がより強調されますね。

いざ実食。まずは従来品から。

ツンと立ったアイスのフォルムはどこか懐かしさを感じさせます。アイス部分はさっぱりしつつもミルク風味の濃厚な味わい。安定感のある、オーソドックスなバニラミルクアイスという印象です。サクサクとした香ばしいコーンも相性抜群です。

次は新商品。まず驚きなのがこのフォルム。最近流行りの丸みをおびた巻き上げ形状です。とぐろ感がすごい。

一口食べてみると、口当たりの良さにビックリ! 両者を食べ比べてみると食感のなめらかさにかなりの違いがありました。

そして風味にも大きな差が。芳醇なバニラの風味に加え、ミルクの濃厚なコクが口いっぱいに広がります。アイスマニアでなくとも十分に違いが分かるレベルです。ちなみにアイス部分にはしぼって3日以内の新鮮な生乳を約30%使用し、さらに北海道産厳選生クリームも使用しているとのこと。

ちなみに筆者はワッフルコーンを愛しすぎて、小さい頃からワッフルコーンだけ購入しておやつに食べていたほどなのですが、新商品はワッフルコーンまで美味しい...。実は今回初めてオランダ産バターと発酵バターを使用したのだそうで、従来品にはないバターの香ばしい風味が楽しめました。

というわけで「ゴールド」であるだけの違いは十分に感じられたわけですが、その分お値段も従来品より税抜で100円高く設定されています。見た目はあんなに可愛いというのに、300円はちょっと可愛くない。従来品も十分に美味しいので、普段使いとご褒美用途という感じで食べわけるのもアリかもしれません。

ワッフルコーンシリーズ発売から18年、満を持して登場した初の「ゴールド」。単体で食べるもよし、従来品と食べ比べてみるもよし、お店で見かけたらゲットしてみては?

関連記事