即席すぎる「ほうじ茶スイーツ」がツイッターで大反響

即席すぎる「ほうじ茶スイーツ」がツイッターで大反響

即席すぎる「ほうじ茶スイーツ」がツイッターで大反響の画像

日本茶には煎茶、玉露、番茶、玄米茶などさまざまな種類がありますが、今、抹茶に次いで人気を博しているのがほうじ茶。ペットボトル飲料やスイーツなども続々と展開されていますよね。

SNS上では、そんなほうじ茶を使った自宅で簡単につくれる絶品スイーツが注目を集めています。

「ただの100円アイスが...」

用意するものは、市販のバニラアイスと水で溶けるタイプのインスタントほうじ茶だけ。

そう。アイスに好きな分だけ振りかけていただくのです。これなら自由に濃さを調節することができますし、よく混ぜればまた違った味わいが楽しめます。

このレシピは飲料メーカー「伊藤園」が運営するほうじ茶の特設サイトでも「100円アイスがほうじ茶で激ウマに変身!?」として紹介されています。「ただの100円アイスがオシャンティーなカフェアイスに早変わり」する「忍者アイス」と称され、「高級な味がするー!!」と感想が述べられています。

SNS上でも、とあるユーザーのツイートをきっかけに話題沸騰。2万3000回以上リツイートされ、試してみる人が相次いでいます。

「メチャクチャうまい!ハマりそう!」
「試してみたら震える旨さだった」
「これ魔物や。とんでもなく美味い。私はちょっとお茶多めにした方がほろ苦くてほうじ茶感強くて好き」
苦味が甘さを引き立てるってこういうことか!って思った」
「溶けたバニラアイスにほうじ茶パウダーが混ざると、絶妙なほうじ茶ラテになるので病みつきですよ〜」

この手軽さ、感動もの。

東京バーゲンマニア編集部でも試してみましたが、確かにこの手軽さでこの美味しさはすごい...!

かけすぎかな?というくらいドバっと粉末が出てしまったのですが、かたまり部分のほうじ茶の苦みをアイスの甘さがカバーしてくれて絶妙な味わいに。また、溶けかかったアイスにほうじ茶を溶かすようにして食べても違った美味しさが楽しめました。たしかにこれはハマるかも。

ほうじ茶だけでなく、水に溶けるタイプの粉末のお茶やココアなどでも応用可能なので、アレンジの幅が広がりますね。この夏、色々な味わいのバニラアイスを楽しんでみては?

関連記事