爆売れも納得。亀田の新入りせんべいは「サクサク食感がたまらない」「無限に食べられる」

爆売れも納得。亀田の新入りせんべいは「サクサク食感がたまらない」「無限に食べられる」

爆売れも納得。亀田の新入りせんべいは「サクサク食感がたまらない」「無限に食べられる」の画像

SNS上で話題を呼んでいる亀田製菓のおやつ「無限エビ」をご存知ですか?

「エビが濃厚」「サクサク食感がたまらない」「無限に食べられる」「リピ買いしています」と大好評なので、気になる記者も実際に入手して食べてみました。

濃厚な海老の味わいがやみつき

「無限エビ」は、亀田製菓が今年の2月に発売した海老の揚げせんべいです。売行きが好調で、発売からわずか1週間で100万袋を突破し、過去5年間の新商品の中で、最速という記録を打ち立てました。

その美味しさが大きな話題となり、販売各店で品薄が続出していて、記者も近くのスーパーで見つからず、ネット通販でゲットしました。

パッケージはせんべいと海老がプリントされている、鮮やかなレッドがインパクトなデザインです。中に、個包装のせんべいが約18個入っています。

袋を開けた瞬間、体に染み込むように海老の香りが漂ってきます。香りの時点で、「これは絶対おいしい」と確信しました。

各せんべいのパッケージには、「今日の運勢エビ吉!」「殻を破って己を磨くのじゃ」などクスッと笑える"エビ神様のゆるっとお告げ"が書かれています。

揚げせんべいは手のひらに収まる丸い形で、ちょっとしたおやつにぴったりのサイズ感です。

殻ごと粉砕した海老が生地に練り込まれ、塩カドの少ない「五島灘の塩」がふりかけられています。

口に入れると、香ばしい海老の風味がブワッと広がります。まろやかな塩味で海老のおいしさを引き立て、濃厚な味わいが楽しめます。お米、海老、塩のバランスが絶妙で、余韻が残ります。

固くないサクッとした食感もたまらなくて、ついつい食べ進めてしまいます。"無限に食べられる"ことに納得ですね。

参考価格は200円前後。記者は172円で購入しました。

仕事の合間のおやつとしてはもちろん、ビールのお供などにもぴったりなので、おうちでゆっくり休みながら楽しむものよさそうですね!

関連記事