外国人記者が感動、絶賛!コンビニ、マックで買える「日本ではおなじみの逸品」とは?

コロナ禍の中で行われた東京2020オリンピックでは、選手だけでなく、記者の行動も制限されました。

そんな中で、外国人記者たちの日々の食事を助けたのが、コンビニなど身近な場所で買える食べ物です。その感動を伝える外国人記者のSNS投稿は、連日注目を集めました。

いったいどんな食べ物が好評だったのか、期間中に投稿されたSNSからいくつかを紹介します。

■セブン愛用記者のお気に入りは?

・セブン-イレブン「枝豆チップス」ほか

「深夜2時でもセブン-イレブンはまだ空いているかな?枝豆チップスとたまごサンドがとても食べたい(編集部訳、以下同)」(カナダのテレビ局「CBC」のデヴィン・ハーロウ記者の7月24日の投稿より)

大会期間中にたびたびSNSでセブン-イレブンでの購入品を投稿していたハーロウ記者。CBCのニュースサイトではその体験を記事にもしており、コーヒーマシーンで作ったラテや、たまごサンドへの感動を綴っています。

・日本マクドナルド「サムライマック」

「今日東京を離れることはとても悲しい。サムライマックが恋しくなりそうだ」(英紙「デイリーメール」のオリバー・ホルト記者の2021年8月9日のツイッター投稿より)

今年4月にレギュラー商品化された「サムライマック」は、2枚重ねた厚みのある100%ビーフが特徴。日本にもファンが多く、SNSでは「最高に美味しいもんなぁ」「美味しいからしょうがない」といった声が多数寄せられています。

■「最高のコンビニアイス」とは?

・ローソン「Lチキ」ほか

「ランチはこんな感じ。ローソンのフライドチキンは死ぬほど美味しい」(シンガポールの放送局「CNA」のジャーナリストのマシュー・モハン氏の7月31日の投稿より)

またモハン氏はアイスもお気に入りで、特に「チョコモナカジャンボ」と「雪見だいふく」を絶賛していました。

(チョコモナカジャンボと写真とともに)「昨夜、最高のコンビニアイスを見つけてしまった)」(8月2日のツイッター投稿より)

「今日、私はチョコモナカジャンボに匹敵する対抗馬を見つけた。雪見だいふくだ。歯ごたえのある餅の皮と、その中にあるバニラアイス。今やこれはトップの座を分け合っている)」(8月7日のツイッター投稿より)

日本ではおなじみの商品ばかりですが、こうした投稿を受けると、改めて食べてみたくなりますね。みなさんもコンビニで名品を探してみてはいかが?

関連記事(外部サイト)