スタバでお花見。新作「さくらラテ」はめっちゃ可愛くて甘々です♥

スターバックスコーヒーに、2022年2月15日から登場している「さくら 咲いた ミルク ラテ」が、可愛さも甘さも満開です!

さっそく飲んだスタバ好き記者がレビューします。

■外も中もさくら満開!

SNSで見た目の可愛さでも注目を集めている「さくら 咲いた ミルク ラテ」。受け取った瞬間から可愛いです。提供カップには、満開のさくらが描かれています。おなじみのグリーンのロゴに、花びらの淡いピンクが映えていますよね。

フタを開けると、またまた満開のさくらが登場。フォームミルクの上に「チョコレートソース」と「さくらストロベリーシェイブチョコレート」でデコレーションされています。

ホットドリンクなので、表面のデコレーションはすぐに溶けていきます。本物のさくらのように儚いですよね。そのため、満開のさくらを写真に収めたい人は、"受け取ってからすぐ"がおすすめ。時間がある人は、店内飲食でさくらが散っていく(溶けていく)のをじっくり楽しむのもよさそうです。

ひと口飲んでみて、「これは甘い!」と感じました。特にトップは溶けかけのシェイブチョコの甘さがダイレクトに届きます。同日発売の「さくら ストロベリー 白玉 フラペチーノ」ではパリパリのシェイブチョコですが、アツアツのミルクで溶けることで、より甘さが引き立ちます。

特に甘いのは上部ですが、全体的に甘さが強いので、甘党さんには特におすすめです。

さくらストロベリーソースにより、さくらの風味をしっかりと感じられます。桜風味の甘いドリンク好きにはたまらない一杯ではないでしょうか。

SNSでは

「とっても可愛い」

「桜アート素敵だし美味しかった」

「一気に春気分」

「去年より甘い気がする」

「今年のさくらラテは、めっさ甘い」

といった声が寄せられています。

提供は3月15日までの予定ですが、各店なくなり次第終了です。サイズはShort(510円)、Tall(550円)、Grande(590円)、Venti(630円)から選べます。

※価格は店内飲食での場合

関連記事(外部サイト)