全部100円で揃うローソンストア100の「おせち」。 せっかくなので「お重」につめてみた。

全部100円で揃うローソンストア100の「おせち」。 せっかくなので「お重」につめてみた。

全部100円で揃うローソンストア100の「おせち」。 せっかくなので「お重」につめてみた。の画像

お正月といえば「おせち」ですが、量や種類も多く、大人数で食べるイメージですよね。何より「高級」「面倒」な気がして、自分にはちょっと...と感じている人、少なくないのでは?

そんな皆さんに知ってもらいたいのが、ローソンストア100で毎年人気を集める「100円おせち」です。おせちのメニューを少量パックながらすべてお安く好きなようにそろえられる商品シリーズで、「好きなものだけ食べたい」「ちょい足ししたい」という時にぴったり。

今年(2018年)も12月25日から、全国のローソンストア100で販売されます。

「平成最後のおせち」はコスパ最強

ローソンストア100のおせちシリーズは、2012年の初登場以来、年々アイテムが増加。平成最後となる2018年は、昨年よりも6品多い、過去最多の28種類(中部エリアでは29種類)が展開されます。

定番の蒲鉾(かまぼこ)、伊達巻、黒豆、昆布巻、栗きんとんはもちろん、「数の子」「炙り焼き合鴨スライス」 「えび甘露煮」などが今回新たに加わりました。

価格は、すべて100円(税抜)。商品は、老舗メーカーと連携をとるなど品質へのこだわりも抜かりなし。製造手段などによってコストカットを実現しています。

せっかくなので東京バーゲンマニア編集部でも作ってみました。手に入らなかった「炙り焼き合鴨スライス」をのぞく全28品です。

詰めるにあたって、100均で買ったアルミカップが重宝しました。かまぼこなどはそのままお重に入れますが、味が混じってしまうもの、水分のあるものはアルミカップに入れると便利です。

味は100円とは思えないほどしっかりしたもの。たとえば、つぶ貝わさび、ほたてわさび、いか明太等は、お酒のおつまみにもぴったりですし、「味付け数の子」は、小さいながらも味と口の中ではじける食感は高価な商品に見劣りしません。「ふぐ蒲鉾」は、歯ごたえが有り、ふぐの香りも少し感じられ美味しいです。「にしんの昆布巻き」は、軟らかく仕上がっていて食べやすかったです。

ちなみに2012年からの累計では約430万個を販売しており、今年度で500万個を超える見込みだそうです。人気商品はすぐに売り切れてしまうので、早めの購入をおすすめします!

種類も豊富で、いろいろな世代で少人数の家庭やカップル、忙しい夫婦にも心強い味方となってくれそうです。

各店とも数量限定でなくなり次第終了となります。

関連記事