ダイソーの「チップスメーカー」が優秀すぎ!レンチンでポテチ完成するよ。

自宅で野菜チップスが簡単に作れる―――!?

100円ショップ「ダイソー」で販売されている「チップスメーカー」という商品が好評です。

実際に使用した人からは「有能すぎる」「めっちゃ便利」との声が。気になった記者も購入し、実際に作ってみました!

■700Wで約6分チンするだけ!

この「チップスメーカー」は、野菜をスライスし、本体に並べて電子レンジでチンするだけで、簡単にチップスが作れるというアイテムです。価格は110円。

白い円形の本体に、穴がいくつも開いています。サイズは幅27×奥行25×高さ4.3pと大きめです。

パッケージの裏には使用方法などがしっかりと記載されているので、安心。使用前は、食器用洗剤等で水洗いしましょう。

1:まず野菜をスライスしていきます。記者は「じゃがいも」で実践しました。今回は「皮つき」のままで行いましたが、好みに応じて皮をむくなりしてください。

スライスする厚みは、1.5〜2oが適当とのこと。厚みや大きさが異なると仕上がり具合にバラツキが発生するため、なるべく均等にスライスしましょう。

2:キッチンペーパーなどで、スライスした野菜の水気を切ります。

3:野菜の重さをはかります。加熱時間に記載されている「野菜重量」を参考に、今回は約100g用意しました。

4:本体にスライスした野菜を立てて並べます。じゃがいもの端の小さいスライスは、うまく隙間に立てることができなかったので、なるべく大きめのものをチョイスするのがベストです。

5:あとは、電子レンジで加熱すればOK。記載されていた「加熱時間の目安」を参考に、700Wで6分チンしました。

なお目安時間終了1〜2分前に、一度チップスの仕上がり具合を確認し、時間調節をしましょう。加熱不足の場合は、20〜30秒ずつ再加熱します。記者も確認したところ、「ふにゃっ」と柔らかいチップスがいくつかあったため、加熱時間を30秒追加しました。

■完成!お手製チップスの出来栄えは...

あとはお皿などに移せば完成!

食べてみると、パリパリっと軽快な食感が◎。油で揚げているわけではないので、あっさりとしていて、何枚食べても罪悪感がありません。味付けはシンプルに塩でもよし、マジックソルトや粉チーズなどもアリ! 自由に味変が楽しめるのも醍醐味です。

おやつにはもちろん、おつまみ、おかずの付け合わせにも使えます。今回はじゃがいもで実践しましたが、いろいろな野菜で試してみるのも楽しそうです。

SNS上では「パリパリでオイシ」「油で揚げてないから、罪悪感なくポテチが食べれる」「簡単だし油使わないしなかなか良きだった!」と、調理の楽さや油で揚げない点が評価されています。

スライスしたり、並べたりと多少の手間はかかりますが、火や油は不要で料理が苦手な人でも簡単に作れるので、ダイソーで見かけた際はチェックしてみて!

なお使用には注意事項がいくつかあるので、よく読んでから使ってくださいね。

関連記事(外部サイト)