市販「プレミアムアイス」戦国時代に突入!?アイスマニアが4商品を徹底レビュー

これまでに5万個以上ものアイスを食べ続けてきたアイスジャーナリストのシズリーナ荒井こと荒井健治です。

今回お話ししたいのは、"プレミアムアイス"について。近年、アイス業界ではロングセラーの既存ブランドから、デザート品質でより満足感が得られる新しいラインアップが登場しています。

「MOW PRIME」

森永乳業「MOW」から「MOW PRIME」シリーズが2020年9月に登場、ロッテ「クーリッシュ」からは「クーリッシュデザート」シリーズが2021年11月に登場しています。

「クーリッシュデザート」

2022年も、その勢いは止まりません! 注目の4つのアイスを紹介します。

■小豆あんと抹茶の「口内マリアージュ」

(1)丸永製菓「PREMIUMしろくまパフェ」(2月発売)

丸永製菓の「白くま」から「PREMIUMしろくまパフェ」と「PREMIUMしろくまパフェ ストロベリー」が同時発売。発売50周年の節目に贅沢な仕様になっての登場です!

"プレミアムなパフェ"の新シリーズとして、見た目にも華やかなパフェは、最初から最後まで味が変化し、食べ終わりには見た目以上の満足感を味わえます。

丸永製菓「白くま」の特徴は、練乳かき氷に果物や小粒甘納豆、キウイゼリーが添えられたもの。「PREMIUMしろくまパフェ」はそこに、スッキリとした味わいのバニラアイスや甘酸っぱい苺ソースが追加された、まさに"PREMIUM"品質。

デザート品質と聞くと濃厚なイメージが思い浮かび、喉が乾いてしまうのでは? と思われがちですが、「白くま」のかき氷がいい仕事をしています。

バニラアイスやゴロッとしたフルーツやフルーツソースや練乳が楽しめるカップパフェアイスですが、最後まで飽きずに食べられてしまいます。

(2)丸永製菓「PREMIUMあいすまんじゅう」(3月発売)

こちらも丸永製菓のロングセラー和風アイス「あいすまんじゅう」から「PREMIUMあいすまんじゅう」が登場。「大納言づくし」と「極選一番茶」の2種同時発売と力が入っています。

「PREMIUMあいすまんじゅう 大納言づくし」では、あずき好きな人を唸らせるために企画開発した新商品として、小豆甘納豆入りのあずきアイスの中に、小豆あんが入ったどこから食べても"小豆と会話できる"アイスバーに仕上がっています。

あずきアイスには、隠し味として練乳が練りこまれたクリーミーな味わい。さらに北海道産の小豆のこしあんも練りこまれていて、ほんのり小豆色のアイスに「60周年の意気込み」を感じます。

「PREMIUMあいすまんじゅう 極選一番茶」は、厳選した一番茶だけの八女茶と国産の牛乳や北海道産の生クリームを使用。濃厚な味わいながら深みのある抹茶アイスの中に、上品な甘さの北海道産大納言の小豆あんがたっぷり入ったアイスバーです。

まろやかな甘みと旨味が強い抹茶と、程よい渋みで深みのある抹茶の2種類を使用した抹茶アイスは、抹茶のおいしさを乳のおいしさを同時に楽しめ、あいすまんじゅうならではの小豆あんとの"口内マリアージュ"がいい感じです。個人的には、抹茶アイスの中で一番好きなアイスバーです。

■朝食にもいい!野菜を活かしたアイス

(3)ロッテ「レディーボーデン ミニカップ COMBINATION」(3月発売)

昨年、日本上陸50周年を迎えた「レディーボーデン」ブランド。「レディーボーデン」からアイスとアイスにマッチしたおいしい素材の組み合わせが楽しめる新ラインナップ「COMBINATION」がミニカップで登場。「ほうじ茶あずき」と「クッキーinチーズケーキ」の2種です。

どちらも、レディーボーデンの原料の味わいを生かし、ふわっとしたスプーン通りの良いなめらかな食感のアイスクリーム品質。そしてそのアイスクリームにマッチした素材を組み合わせた、こだわりのカップアイスです。

「ほうじ茶あずき」のほうじ茶は、加賀棒ほうじ茶を100%使用。濃厚なほうじ茶の味わいと香りが楽しめる和風アイスに仕上がっています。あずきは、北海道産小豆に限定し、ほうじ茶アイスと一緒に食べた時の小豆の粒の食感にもこだわっています。

「クッキーinチーズケーキ」は、マスカルポーネとチェダーチーズの2種類を使用し、濃厚でコク深いチーズケーキの味わいが楽しめる洋風アイスに仕上がっています。(製品中マスカルポーネチーズ16.6%、チェダーチーズ1.6%)

さらに、クッキーが練りこまれていて、こだわりのチーズアイスクリームに負けない、バターが香る発酵バタークッキーをアイスに練り込むこだわりようです。確かに口の中でチーズケーキを食べている満足感が得られました。

(4)江崎グリコ「パピコ デザートベジ」(4月発売)

江崎グリコでは、2020年に「パピコ パピベジ」というブランドが誕生。「パピコ」で"1日不足分の野菜"を摂取ができる野菜アイスの新シリーズです。

そして今年春、さらに野菜本来のおいしさや甘さを引き出すために乳を使用しデザート品質にこだわった「パピコ デザートベジ」が登場しました。素材の甘さや濃厚さを楽しみながら、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEと食物繊維がたっぷり摂れるパピコの新シリーズです。「紫いも」と「かぼちゃ」を同時リリース。

乳製品は、野菜本来の甘みや味わいを最も引き出すべく、生クリーム・脱脂粉乳・脱脂濃縮乳をブレンド。

野菜アイスと聞くとどうなんだろうと思いますが、開発担当者によると野菜と乳の親和性にこだわり、納得の味に仕上がったのが「紫いも」と「かぼちゃ」だったといいます。開発段階では、小松菜やニンジンなど、ありとあらゆる野菜と乳の掛け合わせを試したそう。

食感は、アイスクリームのねっとりとした食感をつくり出すため、安定剤の種類にもこだわり、「野菜由来の水溶性食物繊維もねっとり食感に寄与している」とのことでした。

毎日アイスを6〜12個食べている中で、どちらも毎日食べたいと思えるクオリティだと個人的には思いました。朝食やおやつ、食後の口直しにも気がついたら「紫いも」と「かぼちゃ」を食べているぐらいとても身近なアイスです。

アイスクリームは食シーンを選びますが「パピコ デザートベジ」シリーズは、我々の日常にどれだけ溶け込めるのか注目です(アイスだけに)。

シズリーナ荒井(荒井健治)

シズリーナ荒井(本名:荒井健治)

アイス現場評論家兼アイス研究家。これまでに5万個以上ものアイスを食べ歩き、年間4000個のアイスを研究する。TV、ラジオなどメディア出演多数。市販アイスのアレンジレシピや企業同士の商品コラボも手がける。著書に「魔法のアイスレシピ」(KADOKAWA)がある。
【Twitter】@sizzleeena/【Instagram】sizzle_feeling426

関連記事(外部サイト)