買ってよかった!コンビニ4社の最新めちゃうまスイーツ特集

毎週多数の新商品が登場するコンビニスイーツ。数が多いだけではなく、入れ替えも早いので、迷っているうちに、話題の商品を食べ逃がしてしまう......なんてことはありませんか?

この記事では、2022年5月14日現在、大手コンビニ4社の注目スイーツを紹介します。

■アイスよりチョコの印象が強い!

<セブン-イレブン>「シャトレーゼ リッチチョコバッキー 発酵バター」

菓子専門店「シャトレーゼ」で大人気のアイス「チョコバッキー」の限定商品が5月3日から、全国のセブンで順次発売中です。

発酵バターを贅沢に使った濃厚なバターアイスの中には、ごろっとしたチョコが入っています。アイスはとてもクリーミーですが、そのアイス以上に存在感があるのがチョコ。コーヒー牛乳やキャラメルのような、こっくりとしたミルキーな甘さと、コクのある味わいです。

チョコバッキーならではの食感もポイント。チョコがパリッ、バキッ、ゴリッと口に入れるたびに食感が変化します。

内容量は66ml、価格は130円(税別)。

<ローソン>「Uchi Cafe×森半 どらもっち お抹茶」

ローソンは5月13日から順次、京都・宇治の老舗お茶ブランド「森半(もりはん)」監修の宇治抹茶スイーツを展開します。

まず登場するのは、人気シリーズの「どらもっち」(13日発売、税込203円)。どらもっちといえば、もちもちとした歯切れの良い薄皮生地と、ボリュームのある中具が特徴。中具がこぼれないようにしっかり耳締めすることで、食べやすさと中身のぎゅっと感を両立させています。

森半とのコラボ商品「お抹茶」は生地の中に、宇治抹茶の旨みと香り、苦みのバランスが良い抹茶クリームと、濃厚で乳味感のあるミルククリームを閉じ込めています。

生地はしっとりもっちりとしていて、噛み切りやすいです。中のクリームの抹茶の濃さに驚きました。渋みがあり、ミルククリームも甘さが控えめなので、甘いものが得意ではないという人にもよさそうです。

2022年5月14日放送のバラエティ番組「ジョブチューン」(TBS系)にも登場し、スイーツ職人たちから高評価で"合格"を勝ち取りました。

モンサンクレールのパティシエ辻口博啓さんは「抹茶に対する愛情を感じた。白あんを入れることで舌の中に抹茶の香りが残るようなこだわりを感じられる」と評価しました。

■これって「クルミッ子」?

<ファミリーマート>「くるみとキャラメルのクッキーサンド」

鎌倉の有名菓子「クルミッ子」(鎌倉紅谷)に似ているとして、SNSをざわつかせている新作洋菓子です。

コクのあるキャラメルと、くるみをサンドしたクッキーです。パッケージには、かわいいリスのイラストが描かれています。

1袋2個入り。手のひらに収まる程度の小ぶりなサイズです。

クッキー部分はとってもサクサクで、バターの風味がかなり強いです。

キャラメルはねっとりとしていて柔らかく、歯にくっつきそうになるほど。ヌガーのような舌触りと、バタースコッチのようなコクのある味わいです。

ぎっしり詰まったくるみは、噛むと香ばしさが口の中に広がります。くるみは、食べやすさを考えてか細かく砕かれている印象です。

価格は198円。

<ミニストップ>「もっと大きなカントリーマアム バニラ」

不二家のロングセラーお菓子「カントリーマアム」が7倍サイズに(重量比)。4月24日から発売中です。

正円ではないのでおおよその数値にはなりますが、直径は、約10.5p。手のひらよりも大きいです。一方で生地は、通常商品より薄め。少し崩れやすく、持ち帰る際に端が割れてしまうので、持ち帰る際は注意してください。

バニラの優しい甘さは通常商品と同様ですが、食感には大きな違いがあります。通常商品がサクッとした食感なのに対して、大きいカントリーマアムはしっとりめ。

また通常のカントリーマアムの方が、チョコチップが多く入っている印象を受けます。大きいカントリーマアムにも入ってはいますが、通常の方がチョコの味わいがしっかりと感じられるような気がしました。

価格172円。

以上、4商品を紹介しましたが、気になる商品はありましたか?

今後のおやつの参考になったらうれしいです。

関連記事(外部サイト)