シャトレーゼの「人気和菓子」ベスト5!1位はトップ爆走中の名物お菓子

毎年6月16日は「和菓子の日」です。この日に厄除けと招福を願い、和菓子(嘉祥菓子)を食べていたことから全国和菓子協会によって制定されました。

そこで今回は「和菓子の日」に向け、菓子メーカー「シャトレーゼ」に、人気和菓子トップ5を聞いてみました。

ケーキや洋菓子のイメージが強いシャトレーゼですが、実は和菓子も充実しています。買い物の参考にしてみてくださいね。

■まずは5位〜2位!

●5位 「抹茶わらび餅あんみつ」

マンゴーシロップ漬け、さくらんぼシロップ漬け、抹茶わらび餅、自家炊き粒餡、塩豆(赤えんどう豆)と、彩り豊かな素材に、抹茶風味ホイップクリームを合わせた商品です。

コリコリとした食感の寒天と、抹茶の上品な苦み、粒餡、フルーツの甘味、酸味が一度に楽しめます。黒蜜とあわせると、より風味が引き立つそうですよ。価格は302円です。

●4位 「かりんとう饅頭」

生地に米粉を加えることで、さくっと食べやすい、カリカリ食感に仕上げています。沖縄県産黒糖と自社黒蜜を加えた黒糖生地で北海道産小豆使用の自家炊きこし餡を包み蒸し上げ、香ばしく風味の良い米油で揚げています。

食べた瞬間は少し焦げた香ばしい黒糖の風味が強く感じられ、噛みしめるたびに黒糖の奥深い甘さとこしあんの甘さが口の中に広がります。外はカリッと中はさくっとしっとりとした生地と、こし餡の味わいが調和しています。

価格は1個97円。1個から手軽に買えるのは嬉しいですね。

●3位 「風味豊かな有明海苔のいそべ餅カップ」

特製醤油たれを、粉末醤油入りの餅にまぶし、有明産の焼きのりで巻いた商品です。特製醤油たれは、「再仕込み醤油」と「淡口醤油」をブレンドして作られています。

「再仕込み醤油」とは、一度出来上がった生醤油に、再び麹を入れ、二度仕込んだ醸造法です。濃口よりも倍以上の材料と時間をかけて作られており、色、味、香りとも濃厚な醤油です。

口の中に入れると醤油の香りと餅の醤油味が感じられます。中味では有明海苔の磯の香り、後味で醤油の塩味の余韻が感じられるおいしさです。

もう1つの「淡口醤油」とは、醤油の色が淡く、だしの繊細な旨味や香りを引き立てる食材本来の色や香りを活かす醤油です。

6個入りで価格は129円です。

●2位 「粗搗き大福」

北海道産「はくちょうもち米」を使った生地で自家炊き粒餡で包み、天面を香ばしく焼き上げた、焼き大福です。

米の風味を大切にする為、米の粒感を残し、やわらかくこしのある大福の食感に仕上げているのがポイント。餡には北海道十勝産小豆を使い、白州名水で丁寧に炊き上げた風味豊かな粒餡を使用しています。

価格は108円。

■1位は「無限に食べられる...」「素晴らしい」

●1位 「北海道産バターどらやき」

しっとり柔らかく、とら模様に焼き上げたどら焼き皮に、自家炊き粒餡と塩味の効いたバタークリームを挟んだ商品です。

自家炊き粒餡は、北海道産生産者限定十勝小豆を使用。バタークリームは北海道産バターに沖縄の海水塩を入れ、塩味の効いたクリーミーな味わいです。

風味の良い粒餡と塩味のバタークリームの相性は抜群。ファンが多い商品で、SNSでも

「しっとりほわほわで美味しくて大好き」
「すごく美味しくて無限に食べられる...」
「バターも餡子もくどくなくて食べやすい」
「店に寄ったら2、3個買ってしまう」
「この価格でこの美味しさは本当に素晴らしい」

といった口コミが見られ人気です。価格は129円。

シャトレーゼの広報によると、この商品はシャトレーゼで取り扱っている全商品の中で今一番売れているそう。数多くの商品が揃う中、一番売れているというのは凄いですよね。

そもそも和菓子の素材に対するこだわりも強く、「北海道十勝小豆など、小豆にこだわり、さらに豆洗いから炊き上げまで日本名水百選にも選ばれた白州名水を使い自社で炊き上げています」と話します。

和菓子の日のおやつのご参考に。

関連記事(外部サイト)