「土用の丑の日」に食べたい!無印良品の「うなぎ巻き」はコスパ最高でうまい。

2022年の「土用の丑の日」は、7月23日と8月4日の2回あります。せっかくならこの2日間は、「うなぎ」を食べたいですよね。

そこで今回は、無印良品で販売されているお手頃なうなぎ商品を紹介します。

■「国産うなぎ入っててもコスパいい」

無印良品の「うなぎ巻き」は、

「パクパクいける。とても危険な食べ物」
「美味しいしサイズもちょうどいい」
「うまぁあああああああ!!!絶対リピする!!!」

と好評の商品です。

甘めのたれで炊いたごはんの間には、鹿児島県産うなぎのかば焼きが入っています。あらかじめカットされているので、手軽にパクっと食べられます。

冷凍で販売されており、賞味期限は製造日から365日あるので、ストックしておくのもアリです(注文時期により、賞味期限まで期間の短い商品が届く場合あり)。

価格は1本(8切れ)590円。うなぎと聞くと高級なイメージがありますが、国産うなぎを使用していてこの価格はありがたいですよね。

「国産うなぎ入っててもコスパいい」「600円でこれはすごい」

といった感想も散見されます。

店舗によってはない場合もあるので、無印良品の公式サイトの商品ページで店舗在庫を確認してから行くのが吉。ネット注文も可能です(MUJIcom東池袋のみ店舗受取が可能)。

※画像は公式サイトから。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?