「一口でギブの辛さでした」SNSで話題のセブンカレーは火を噴けそうなレベル。

全国のセブン-イレブンで2022年8月2日から開催中の「カレーフェス」。日本、海外の名店の味が楽しめます。

その中でも特にSNSで話題になっているのは、「銀座デリー監修 カシミールカレー」。

その理由は「辛すぎる」から。ということで、気になった記者は食べてみました。

■喉も舌も唇もじんじんする...

発売以来62年間守られ続けてきた、デリー発祥の「カシミールカレー」。激辛チキンカレーでサラっとしたカレーソースが特徴で、辛さの中に旨味とコクがあります。価格は594円です。

このカレーについては、SNSでこんな声が寄せられています。

「一口でギブの辛さでした」

「辛すぎて途中でリタイヤ」

「辛いもの好きな自分でもギリ」

「ちょっとビックリするぐらいの激辛」

「ココイチ4辛レベル」

いったいどれくらいの辛さなのか。パッケージにも「非常に辛いので辛さが苦手な方はご注意ください」との記載があり、怖いもの見たさで辛いものが得意ではない記者が食べてみました。

鶏肉やじゃがいものごろっとした具材、スープカレーのように飲めそうなサラっとしたカレーソース、そしてなんといっても赤みを帯びた濃い色味から、辛そうな雰囲気が伝わってきます。

容器は2段構造で、上段がカレー、下段はごはんです。

勇気を出して、カレーを一口流し込みました。口に入った瞬間「あれ?そんなに辛くないかも?」と思ったが最後、喉の奥がじんじんして、唇や舌がひりひりし始めました。

食べ続けていると、辛旨カレーとして食が進みますが、少し経つと口全体がじんじんしてきて、もはや火を噴けそうなくらいに熱くなります。"鎮火"させるため、用意していた麦茶を一気に飲んでしまいました。

麦茶を飲んだりしながら、時間をかけて食べきることができました。食べきるころには冷め始めていて、少し辛さも落ち着いていました。それでも一口食べただけで、喉や唇がひりひりします。

記者はあまりの辛さに麦茶をガブ飲みしてしまいましたが、セブンではラッシーも販売中なので、カレーのお供にするのもよさそうです。

辛いカレー好きは試してみてはいかが?

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?