500円以下で「台湾夜市」気分!業務スーパー行ったら買いたい本格台湾グルメ3つ

国内外の食品が充実している「業務スーパー」。

今回は自宅でも手軽に楽しめる「台湾グルメ」を3つまとめて紹介したいと思います。

いずれも台湾夜市でもおなじみのグルメ。旅行がなかなか難しい今、自宅で"夜市気分"を楽しめますよ!

■サクサク「ジーパイ」もちもち「芋圓」

ひとつ目は、台湾の屋台グルメとして人気の「ジーパイ」です。

業務スーパーの商品は、下味をつけた鶏もも肉に、独自配合のスパイスで香りと辛味を加えています。1袋冷凍450gで、価格は429円です。

記者が2022年6月下旬に購入した商品には、7個入っていました。大小まばらですが、平均するとコンビニのチキンくらいはあるかと思います。「ジーパイ」といえば大きいのが特徴ですが、これは小ぶりで食べやすいサイズ感です。

調理は、凍ったまま、少量の油で両面の衣がカリっとするまで揚げます。

衣はカリサク食感で、チキンは柔らかくジューシー。ピリ辛でスパイシーな味わいも◎です。中国の代表的なミックススパイス「五香粉(ウーシャンフェン)」を使っているとのことで、八角の香りが漂い、本格的な味わいが楽しめます。

おやつや間食にもよし、ご飯のおかずにも重宝しますよ。

2つ目は、台湾の伝統的なお菓子「芋圓(ユーユェン)」です。

でん粉とタロイモ、さつまいもなどで作られており、タピオカよりもっちりとした食感が特長。300g入りで価格は248円(税別)です。

デザートのトッピングとして用いられることが多く、定番なのは、台湾の伝統的なスイーツ「豆花(トウファ)」との組み合わせ。芋圓をのせ、黒蜜をかけてよく食べます。

袋を開けると、紫色と黄色の団子がたっぷり入っています。開け口はチャック付きなので、保存に便利です。

作り方は、沸騰したお湯に、凍ったままの芋圓を入れて、やわらかくなるまで煮ます。記者は約100gの芋圓を5分前後煮ました。

芋圓が柔らかくなったら湯切りをして、冷水でしめると、より弾力のある食感が楽しめますよ。

食感はもちもちしていて、噛むごとに弾力と粘りを感じます。タピオカと餅の中間のような歯ごたえで、タピオカよりはもっちり感がずっと強め。歯にくっつくということもなく、どんどん食べ進められる不思議な食感です。

豆花との組み合わせやもちろん、暑い日はかき氷と合わせたり、タピオカの代わりにミルクティーに入れたり、プリンにのせたりして、楽しむのも◎。

■ふわふわ食感がたまらない「台湾カステラ」

最後は、「台湾カステラ」です。130gで価格は192円。

袋の中には、丸い形状の台湾カステラが入っています。サイズは直径約11㎝、厚みは約4.5㎝です(編集部調べ)。

冷凍の商品で、食べる際は自然解凍でもいいですが「電子レンジ」で温めるとより美味しく食べられるとのこと。電子レンジを使う際は、凍ったままのカステラを袋から取り出し、好みの大きさにカットします。あとは耐熱皿にのせ、ラップをして温めればOKです。

食べると、きめ細かい生地で、しっとりふわっふわな食感が楽しめます。パサつき感はゼロ。口に入れると"しゅわっ"となくなってしまうような口溶けでです。

味わいは、卵の風味そして素朴で優しい甘さが楽しめました。生クリームをのせたりと、アレンジを加えて食べるのもよさそうです。

以上3つ。 店舗によってはない場合もありますが、足を運んだ際は冷凍コーナーをチェックしてみて!

(東京バーゲンマニア編集部 三浦香奈)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?