マツコが驚いたドライマンゴー サクッ&しっとりの2食感でおいしそう...。

マツコが驚いたドライマンゴー サクッ&しっとりの2食感でおいしそう...。

マツコが驚いたドライマンゴー サクッ&しっとりの2食感でおいしそう...。の画像

みなさん、ドライフルーツの産地を気にしたことがありますか?

専門家によると、いまアツいのは「カンボジア産」のドライマンゴーマツコ・デラックスさんも「食感がおもしろい」「おいしい」とお気に召したようです。

いいとこどりのドライマンゴー

2019年3月5日の放送のテレビ番組「マツコの知らない世界」(TBS系)では、ドライフルーツを特集。東京・上野の商店街「アメヤ横丁」でドライフルーツの専門店を営む小島靖久さんが出演して、ドライフルーツの知識を披露しました。

小島さんによると、ドライフルーツ業界の中で今注目されているのは、「カンボジア産マンゴー」なのだそう。このカンボジア産はドライマンゴーの代表的な生産国であるフィリピンとタイの「いいとこどり」で、酸味と甘みのバランスがいいそうです。

最大の特徴は「食感」で、表面はサクっと、中はしっとりという2層の食感が味わえます。マンゴーをドライマンゴーにする手順の中で、マンゴーの表面に付いた水分を2度拭きする手間を加えることで、こうした食感を生み手しているのだとか。

番組では、小島さんがカンボジア産のドライフルーツ専門商社「ジャパン・ファームプロダクツ」(本社・奈良)が作ったドライマンゴーを紹介し、番組の中でマツコさんと試食しました。

買えるのはココ!

ひとつつまんで口に入れると、「さっぱりね。しばらくしないと味が出てこないくらい」とマツコさん。風味と食感に驚いた様子でした。

「(風味が口の中に)残ったね。本当にマンゴーを食べたあとのみたい。本当にマンゴー食べた私?みたいな。食感は最初アタリメみたい。ちょっとかたくて、繊維っぽくて。食感がいい。おもしろい

そういってまたひとつ手にとって食べると、「おいしいわこれ。これいいね」と満足げな様子でした。

ジャパン・ファームプロダクツのカンボジア産マンゴーは、東急ハンズマックスバリュー小島屋などで取り扱っています。詳細はジャパン・ファームプロダクツの公式サイトを確認してください。

ちなみに、小島屋では100グラム(993円)、500グラム(3186円)で通信販売をしています(いずれも送料別)。賞味期限は130日です。

関連記事