イクラ入ってないけど「イクラ丼の素」?カルディの珍商品、食べてみた。

カルディには時々、他店では見かけないちょっと珍しい商品も並んでいます。

今回試すのは、「イクラのいらないイクラ丼の素」。2023年1月末、都内の店舗で見つけました。

温かいごはんにかけるだけで、イクラ丼の味になるそうですが......。さっそく、ごはんを炊いて試してみました!

■1杯42円のイクラ丼!?

カルディ「イクラ丼の素」は、ごはんにかけるだけでイクラ丼の味になるという、斬新な"かける系"の商品です。

イクラ丼の素ではありますが、イクラは一切入っていません。パッケージに描かれたキラキラのイクラ丼は、あくまでもイメージです。

原材料をチェックしても、"イクラ"の文字は書かれていません。その代わりなのか、魚介エキスや砂糖・しょうゆなど、イクラ丼っぽい調味料がいくつか入っているのがわかります。

イクラ丼というと、軽く1杯1000円は超える、贅沢メニューという印象があります。

ですが、カルディの「イクラ丼の素」は規格外の安さ! 2袋(2杯分)で、税込84円です! 筆者が購入した時はセールでさらに安くなっていました。

イクラが入っていないことを考えても、1杯42円はなかなかリーズナブルです。50円以下でイクラを食べた気分を楽しめるなら、コスパは申し分ありません。

開封してみると、鼻に抜けるしょうゆの香りがふわっと広がります。イクラのしょうゆ漬けのような、かすかな魚介の香りもします。

水っぽくなく、卵黄のようにとろとろしているので、ごはんとよく絡みそうです。

ごはんが炊けたところで、いざ実食。イクラ丼の素をごはんはかけていただきます!

■ん......!? これは......イクラ丼なのか?

頭の中が、一瞬だまされたような気もしますが、結論から言うと「イクラ丼ではない」です。

正しく言うのならば、「イクラ丼っぽい味がするご飯」。イクラのしょうゆ漬けのタレをごはんにかけて食べているような味がします。

イクラ丼の醍醐味と言えば、口の中ではじけるプチプチ感。イクラ丼の素にはイクラが入っていないので、イクラ丼というにはやはり無理がありました。

ですが、イクラが口の中ではじけた時の風味や味わいは見事に再現できていて、イクラ丼を食べ終わった後の満足感は多少得られます。

カルディ公式オンラインストアの商品詳細にはこう書かれています。

「ご飯にかけるだけで旨みたっぷりのイクラ丼風ごはんになります。しょうゆ漬けのいくらを食べているような甘めの味付けです」

そう、この表現通り、あくまでも"イクラっぽい味"を楽しめる商品なのです。

ご飯にかけるだけで、イクラのしょうゆ漬けをごはんにかけた時のような風味が楽しめるという意味では、十分なクオリティだと思います。

気になったら、近くのカルディで探してみてください。

(筆者プロフィール)
三木 ちな
趣味は貯金、特技は節約のママライターです。業務スーパーは子どものころから通い続け、気づけば歴20年。時間があれば、人気ショップや飲食店のお得情報や裏ワザを探しています。
クリンネスト1級/節約生活スペシャリスト/整理収納アドバイザー2級

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?