「全駅に設置して」心の叫びに7万いいね。250円で飲める絶品"だしスープ"知ってる?〈編集部レビュー〉

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 東京駅の茅乃舎で250円のだしスープが人気で、SNSで話題となっている。
  • 記者が店舗に直行試飲した和風しょうがスープは、出汁本来の味わいが味わえて体に染み渡った。
  • この冬大注目のだしスープを気に入った人は茅乃舎の店舗をチェックしてみることを編集部は推奨する。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

本格的に冬が近づいてきて、温かい飲み物が欠かせなくなってきましたね。

そんな今の時期にピッタリなのが、東京駅の「茅乃舎」で販売されている「だしスープ」です。

SNSでも話題になっていて、X(旧ツイッター)の「何度でも言うけど、東京駅のコレを全駅に設置して欲しいし、コーヒーくらいの感覚で出汁を手軽に飲める場所が増えて欲しい」という投稿には、2023年11月6日現在7万件以上ものいいねがつくほど、注目を集めています。

気になった記者は、実際に店舗に行ってみました!

■体に染み渡る、優しい味わい

話題のスープを販売しているのは、「茅乃舎」の東京駅店。東京駅の丸ノ内地下中央口改札を出た、すぐ目の前にあります。

メニューは全て400円以内という、良心的な価格設定。

だしで有名な茅乃舎のスープを低価格で楽しめるなんて、驚きです。

店員さんに一番おすすめのメニューを聞いたところ、焼きあごを使用した「和風しょうが(250円)」とのことなので、そちらを注文しました。

蓋を開けた瞬間、フワーっとだしのいい香りが。

焼きあごや鰹節など、和の旨みがギュッと濃縮されたホッと落ち着く味で、体に染み渡ります...。

出汁本来の美味しさを堪能できる上品な塩加減で、老若男女問わず好きそうな優しい味わいでした。

身体がぽかぽかしてくるくらい生姜が効いているので、寒さが厳しくなるこれからの季節にピッタリです。

生姜のピリピリとした辛味はないので、美味しく味わえます。

片手で持てるサイズ感で、小腹を満たすのにちょうどいいです。

コーヒー代わりに飲んで一息つくのも、新幹線などに旅のお供として持っていくのも、いいかもしれません。

この冬大注目のだしスープ、気になる人はぜひチェックしてみて。

(東京バーゲンマニア編集部 梅谷りな)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?