SNSをヒントに開発! ひんやりジューシー「氷結」×「アイスの実」新チューハイ誕生。

SNSをヒントに開発! ひんやりジューシー「氷結」×「アイスの実」新チューハイ誕生。

SNSをヒントに開発! ひんやりジューシー「氷結」×「アイスの実」新チューハイ誕生。の画像

SNSでよく見る江崎グリコ「アイスの実」を使ったアレンジドリンク。サイダーやチューハイなどに入れることでビジュアルの鮮やかさ、ジューシー感がアップすると好評です。

今回この流行りをヒントに、キリンビールのチューハイ「氷結」ブランドが新商品「氷結 loves アイスの実」を、江崎グリコと共同開発。

2019年5月21日の発売を前に、東京バーゲンマニア編集部がひと足先に体験してきました。

「ぶどう」「もも」「メロン」の3種の果汁

「氷結 loves アイスの実」には、アイスの実の定番フレーバー「ぶどう」「もも」「メロン」の3種の果汁を使用しています。

さっそく飲んでみます。まず感じたのは芳潤なぶどうの風味。その後から、もも、メロンのジューシーな甘さがやってきます。ミックスフレーバーというよりは、3種の味が順番に楽しめるようになっています。氷結ならではのひんやりシュワっと感もあるため、後味はスッキリ。暑い季節に飲みたくなる爽やかでフルーティーな味わいでした。

商品の担当者に聞くと、アイスの実の中心商品の「ぶどう」フレーバーを主役に立て、3種の果汁バランスを調整したそうです。また、アイスの実を加えることを想定して、果汁は0.9%とほかの氷結商品に比べて低めに。さらにはアイスの実の色鮮やかさが引き立つように、ドリンクの透明感にもこだわったと言います。

また、夏に向けてこの氷結をより楽しむアレンジとして、「追い果実」を提案。すでにSNSなどでも見かけますが、氷結にアイスの実を加えることで、見た目の美しさ、ジューシーさがアップさせるというものです。ということで、記者もやってみました。

「氷結 loves アイスの実」をグラスに入れて、アイスの実の「ぶどう」「もも」「メロン」を2個ずつ計6個加えてみました。ひんやり感がアップし、見た目も鮮やかでインスタ映えも◎。つぶして混ぜると、まろやかさとジューシーさが増して、フルーツカクテル+フラペチーノのような味わいになりました。

もちろんアイスの実自体がおいしいので、チューハイを飲みながら好きなタイミングでアイスをスプーンですくって食べるのもよさそうですね。さまざまな楽しみ方ができそうです。

担当者おすすめ「追い果実」3選

この「追い果実」はほかの氷結商品でも楽しめます。商品担当者がさまざまな組み合わせを試した結果、以下の3つが特におすすめのようです。

「氷結 シチリア産レモン」×「アイスの実 ぶどう」

「氷結 もも」×「アイスの実 もも」

「氷結 シャルドネスパークリング」×「アイスの実 ぶどう」

記者も飲んでみましたが、同じフルーツ同士の組み合わせは特にジューシー感が増すのがわかりやすく、味の変化を楽しめました。

「氷結 loves アイスの実」(350ml缶、500ml缶/オープン価格)は、2019年5月21日から期間限定で発売。好みのアレンジ、試してみて。

関連記事