成城石井で年間約72万袋売れる「バカ売れパン」って?

成城石井で年間約72万袋売れる「バカ売れパン」って?

成城石井で年間約72万袋売れる「バカ売れパン」って?の画像

数多くの商品が並ぶ「成城石井」。自家製のスイーツからお惣菜まで魅力的な商品が多いですが、中でも「バカ売れ」している商品というのは気になりますよね。

そこで今回は、2019年5月23日の情報バラエティ番組「ビビット」(TBS系)で放送された、年間売り上げ70万袋以上を誇る「バカ売れパン」を紹介したいと思います。

女性を中心に人気が高い

この日番組では、「成城石井のバカ売れ商品を大調査」と題し、成城石井自家製のバカ売れ商品が紹介されました。

成城石井では、店舗や販売時期によって異なりますが、全部で130種類のパンを扱っているそう。

今回は、「成城石井自家製 プレーンスコーン」、「成城石井自家製 パン職人のこだわり湯種食パン」、「成城石井自家製ホットビスケット」の3つが紹介されました。

成城石井自家製 プレーンスコーン」(410円)は、合成着色料などは使わず、小麦粉やバター、牛乳などシンプルな材料だけを使用。生地は型抜きせず、職人の手でちぎっているのがポイントだそうです。食べやすい形で、ふんわり食感に仕上げているといいます。

同コーナーに出演していたモノマネタレントのMr.シャチホコさんは、実際に食べると、

「メロンパンのかりかりの部分みたいなイメージ。なにと合わせてもプレーンだから合いそう」

とコメントしていました。

続いて「成城石井自家製 パン職人のこだわり湯種食パン」(400円)は、製パンに優れたブランド小麦からできた小麦粉を熱湯でこねた「湯種」を使用。湯種を使うことで、でんぷんの甘みを引き出し、もっちりとした食感に仕上げた成城石井の自信作だといいます。

トーストしたものを試食したMr.シャチホコさんは、

「サクッていったからもっとカリカリなのかなと思ったら、中のパンはふわふわもっちり」

と美味しそうに味わっていました。

成城石井自家製ホットビスケット」(362円)は、長年パン屋で働いてきたパン職人が開発したこだわりの一品。小麦本来の味わいを出すため、素材のほか焼き色にもこだわっていて、原材料の配合比は企業秘密なんだとか。

「ビスケット生地だけあってメープルな感じ。ちょっと塩っ気もある。これはおやつで食べられるね」と、Mr.シャチホコさん。

どれも美味しそうですが、結果一番売れているバカ売れ商品は、年間売り上げ約72万袋を誇る「ホットビスケットでした。

素朴な味わいがなんにでも合うと、エッグベネディクト風やパンケーキ風など、女性を中心にアレンジレシピがインスタグラムで話題を呼んでいます。

まだ食べたことがないという人はこの機会に食べてみては?

関連記事