「めっちゃ辛い...」と話題のセブンのカップ飯。 人気のシビ辛調味料と比べてみた。

「めっちゃ辛い...」と話題のセブンのカップ飯。 人気のシビ辛調味料と比べてみた。

「めっちゃ辛い...」と話題のセブンのカップ飯。 人気のシビ辛調味料と比べてみた。の画像

首都圏のセブン-イレブンで、2019年12月10日から順次販売されている「痛快旨辛麻辣飯」は、もう食べましたか?

SNSでは「めっちゃ辛い...」「辛くて容赦なかった...」「全く可愛げのない麻辣さ」と評判。

いったいどれほどの辛さなのか。ウワサを検証してみました。

コクも辛みもある焼き飯

セブンのカップ容器の冷凍食品は、持ち運びやすく、食べやすいのが特徴。「炒め油香るカップチャーハン」「バター香る海老ピラフ」に加え、「痛快旨辛麻辣飯」(税別228円)が登場しました。

豆板醤・甜麺醤・豆鼓醤でコクと辛味を加え、花椒・花椒油で本格的な風味を実現した焼き飯です。ふっくら炊いた国産一等米と国産豚ひき肉を炒めて急速冷凍し、ぱらっとした食感に仕上がっています。

さっそくレンチンしてホカホカ状態を食べてみます。

辛さへのハードルが高くなっていたのもあり、正直ひと口目は「あまり辛くない...」というのが本音。辛いものはそこまで得意ではない記者ですが、"ピリ辛"という印象です。SNSには「シビれる感じも個人的にはあんまし」との声もあったのですが、それに近い感覚でしょう。

しかし、花椒の風味はしっかりと感じられました。そして何より「うまい!」。ピリ辛のチャーハンとしての完成度はかなり高いです。

辛さのみの話なら「そこまでかな〜」と思ったので、同じく評判になっている辛い調味料メシと比較してみました。

記者が辛さの比較対象として選んだのは、カルディで販売されている調味料「食べる麻辣醤」(税別385円)です。

花椒(ホアジャオ)と唐辛子の辛みと干し海老や松の実、八角などのうまみがたっぷり入っています。ご飯のおかずになるだけではなく、うどん、冷ややっこ、ゆでたまご、サラダチキンなど、何にかけてもおいしい"万能"調味料として好評を呼んでいます。

昨年春に発売されると、「スッキリ」(日本テレビ系)や「めざましテレビ」(フジテレビ系)など有名情報番組をはじめ、多数のメディアで取り上げられたことがあります。

辛さに関しては「すっごいスパイスきいてて、結構辛め!」「美味しいけどかけすぎると辛い...」などといったクチコミが寄せられています。

このカルディの「食べる麻辣醤」を温かいご飯にかけて食べてみます。

香りからして強烈で、見た目も辛そうに感じましたが、食べてみると「痛快旨辛麻辣飯」に比べ、「ちょっと辛いかも」という印象。しかし、何口か食べていると口の中に辛さが残って、辛さを緩和するための飲み物が必要になります。

単体でも食べてみましたが、たしかに「しびれるような辛さ」を感じました。辛さを追求するならアリの辛さです。

あくまでご飯メニューと調味料なので単純な比較はできませんが、「痛快旨辛麻辣飯」は主食の完成度としては最高「食べる麻辣醤ごはん」は、辛さ・シビレを欲する人にはおすすめの味です。

最後に「痛快旨辛麻辣飯」に「食べる麻辣醤」をかけてみましたが、個人的にはより辛さと旨みが増して、大正解でした。辛いもの好きにはぜひおすすめしたいです。

関連記事