どうなってるの!? 海苔がないのに「のり塩」の味がする不思議ポテチ。

ローソンで「海苔がないのに海苔の味がする のり塩味ポテトチップス」が発売

記事まとめ

  • ローソンが、海苔を使っていないのに海苔の味がするという不思議なポテチを発売
  • 湖池屋との共同開発で、歯や手に海苔がつく心配がないという
  • 魚油や香味油などを使用することで、海苔の味わいを再現したそう

どうなってるの!? 海苔がないのに「のり塩」の味がする不思議ポテチ。

どうなってるの!? 海苔がないのに「のり塩」の味がする不思議ポテチ。

どうなってるの!? 海苔がないのに「のり塩」の味がする不思議ポテチ。の画像

2020年1月21日、全国のローソン店舗で「海苔がないのに海苔の味がする のり塩味ポテトチップス(165円)が発売されます。

海苔を使っていないのに海苔の味がするという不思議なポテチです。

手や歯にのりが付かない

同商品は、湖池屋とローソンの共同開発によって誕生しました。

編集部でも手に入れてみました。袋を開けるとたしかになじみ深い「のり塩」の香りがします。ですが、肝心の「海苔」はどこにも見当たりません。

しかしひと口、ふた口と食べてみると風味もあの「のり塩」そのもの......!

一瞬頭が「!?」となる不思議さです。いったいどこからこの海苔の風味は来るのかですが、「魚油や香味油などを使用することで、海苔の味わいを再現した」からなのだそう。

ローソンに開発理由を聞くと「お客様が食べる前からワクワクや驚きを持てるポテトチップスを作りたいという思いから」。また、「ポテトチップスの表面に海苔がついていないので、歯や手に海苔がつく心配はありません」とも。

「スマホ、PCなどを操作しながら食べても、のりがつくこともありませんよ」

記者個人的には、ずっと食べ続けているとやはり「のり塩」の風味とは違うなという気がしますが、驚きは間違いなくあるでしょう。

湖池屋とローソン、両社で味やパッケージについて検討し完成に至ったといいます。ポスターや広告をヒントに、今までのポテトチップスにはなかったようなパッケージデザインにも注目です。

関連記事