牛丼の好きなトッピングは? 吉野家従業員3000人以上が選んだランキングを発表!

牛丼の好きなトッピングは? 吉野家従業員3000人以上が選んだランキングを発表!

牛丼の好きなトッピングは? 吉野家従業員3000人以上が選んだランキングを発表!の画像

吉野家は2020年9月8日、従業員3149人が回答した「まかない牛丼」に関するアンケート結果を公開しました。

男女、年代別に差

まかないで牛丼を食べる際、備え付けの生姜や七味以外で好きなトッピングは何か?」を聞いたところ、下記のような結果が出たといいます。

<ランキング上位(回答数/比率)>

1位 ねぎ玉子(1049人/33%)

2位 チーズ(971人/31%)

3位 半熟玉子(861人/27%)

4位 キムチ(735人/23%)

5位 玉子(728人/23%)

6位 トッピングしない(618人/20%)

7位 お新香(400人/13%)

8位 肉だく(366人/12%)

9位 ねぎだく(302人/10%)

10位 納豆(160人/5%)

11位 のり(30人/1%)

年代別に見ると、「チーズ」は10代男女、20代女性から、「ねぎ玉子」は20代男性と30代・40代女性から高い支持を得ていることがわかりました。一方、50代男性は約半数の方が「トッピングしない」と回答し、性別や年代によって食べ方の工夫の仕方に差が見られます。

また、性別ごとでは、男性は上位が「ねぎ玉子」(33%)、「玉子」(31%)、「チーズ」(27%)の順であったのに対し、女性からは「ねぎ玉子」「チーズ」(34%)、「半熟玉子」(32%)の順で人気が高かったです。

ちなみに、「まかない牛丼の食べ方、食べ順、こだわり」について自由回答で募ったところ、最初は牛丼そのものを味わい、味を確認しながら徐々にトッピングを追加するといった意見が目立ちました。

「先に牛肉だけを食べて甘みとたれの濃さをチェックし、七味などで調整をする」(50 代女性)

「トッピングなしで食べて味を確認! 残り半分くらいをトッピングして食べる」(40 代女性)

吉野家の牛丼をよく知る従業員の意見、今後の牛丼の食べ方の参考にしてみてください。

また、吉野家は、このアンケート結果をもとに「裏牛丼」として、9月8日から10月4日までの期間限定で、以下の4種を販売します(※一部店舗を除く)。

・ネバとろ牛丼(598円)

・アボチー牛丼(598円)

・肉だく胡麻ドレ牛丼(519円)

・おしんこ月見つゆぬき牛丼(519円)

気になるトッピングの組み合わせがある人は、こちらも試してみてはいかが?

※価格は税別表記

関連記事