ローソンが全国の外食企業35社とコラボ コンビニグルメで地域活性化目指す

ローソンが全国の外食企業35社とコラボ コンビニグルメで地域活性化目指す

ローソンが全国の外食企業35社とコラボ コンビニグルメで地域活性化目指すの画像

コンビニ大手のローソンは2020年11月3日から、全国各地の有名外食企業35社とコラボした商品を、全国のローソン店舗または各地域限定にて順次発売します。

ウチカフェは生クリーム専門店と

ローソンはこれまでにも全国各地の外食企業とのコラボ商品や各地の名産品を販売してきましたが、35社という規模では初の試みです。

今回の取り組みは、新型コロナウイルスによる新しい生活スタイルの中、異業種とのコラボレーションをより加速させたものだとして、「専門店のおいしさを通じてマチ(地域)を元気にすること」を目指しているといいます。

10月28日に発表されたラインナップを見ると、ラーメンを中心とした麺類が豊富です。麺屋一燈、家系総本山吉村家、麺屋ようすけといった専門店とのコラボ商品が予定されています。

主食が多い中で、異彩を放っているのはスイーツ商品。11月24日には、ローソンのスイーツブランド「UchiCafe(ウチカフェ)」と生クリーム専門店「Milk(ミルク)」のコラボ商品「Milkシュークリーム」(230円)が全国で発売されます。

北海道産生クリームを使用した、すっきりとしたホイップと練乳を合わせ、濃厚なミルクムースを挟んだシュークリームです。天面には粉砂糖をトッピングしています。

今後は、さらに外食企業との連携を強化。コラボ商品を購入した人に外食店舗で利用できる割引券を発行するなどの異業種送客の取り組みや、地域貢献の取り組みも検討していくとのこと。

関連記事