口の中でほどけるハンバーグだと?「ファミマ」の新作弁当が気になる〜!

口の中でほどけるハンバーグだと?「ファミマ」の新作弁当が気になる〜!

口の中でほどけるハンバーグだと?「ファミマ」の新作弁当が気になる〜!の画像

ファミリーマートは、2021年2月9日から、新作の洋食弁当2種を販売します。

「肉の旨み感じる ビーフハンバーグ弁当」(598円)と「やわらかビーフと野菜とけこむ コクが自慢の欧風カレー」(498円)。リモート期間のランチやディナーに食べたい力作メニューです。

「今までに無い面白み」

「肉の旨み感じる ビーフハンバーグ弁当」は、肉の挽き方や配合にこだわったハンバーグに、赤ワインを使ったほんのりビターでコク深いデミグラスソースを合わせています。

180℃以上で焼成した香ばしい香りが特徴で、中はジューシー、外はこんがりの食感が楽しめるそう。

商品を試食した人気グルメブロガーのフォーリンデブはっしーさんは、完成度の高さに驚いたといいます。

「牛肉のハンバーグで、よくこんなに柔らかく、なめらかな舌触りにできますね。コンビニのハンバーグは中がみっちりしていて、フワッとしてないイメージなのですが口の中でほどける美味しさとジューシーさが感じられ、デミグラスとの相性もばっちしで美味しいです」

「やわらかビーフと野菜とけこむ コクが自慢の欧風カレー」は、柔らかく調理したビーフと、野菜や果物のペーストがとけこむこだわりの味です。

「お肉の旨味と野菜の甘味が溶け出していて、抜群に深みがあって美味しい! コクと香りなど王道の洋風カレーに寄り切った味わいで今までに無い面白みを感じられます」(フォーリンデブはっしーさん)

ファミリーマートは、今回の商品開発のきっかけを「外食の機会が減る中、ご自宅でレストランのような味わいをお楽しみいただきたいという想いから」と話します。

「洋食で人気のメニューであるハンバーグとカレーを、味と製法にとことんこだわり、弁当に仕立てました」

関連記事