「ブルーベリーカレー」が想像の斜め上をいっていた件について

「ブルーベリーカレー」が想像の斜め上をいっていた件について

「ブルーベリーカレー」が想像の斜め上をいっていた件についての画像

どうも、普通の食レポが書けないことに定評のある筆者です。


体を張ってネタにするわけでも、「え?これカレーの記事だよね?」という方向性を見失った記事にするでもなく、今回こそ真面目にレビューが出来そうなカレーを手に入れました。


と言いますか、今回のくじ引きではなんと、ご贔屓にしていただいている取引先の商品が当たってしまったので、“間違っても変なことが書けないお題”というのが正直なところです。


ですので、今回はめちゃくちゃ真面目に、“カレーの内容”についてレビューしていきたいと思います。



■今回のカレーは…こちら!

今回筆者に与えられた”お題”は、『ブルーベリーカレー』




■ちょ、待てよ。

くじ担当者から「筆者さんにぴったりだと思って☆」と渡されたカレー。


カレーの隠し味といえば、ハチミツ、りんご、ソース、コーヒーとまぁ色々あるとはいえ、ブルーベリーは初めて聞きましたよというのがホンネです。


パッケージにはカレーの画像が無いため、どんなカレーなのか想像しちゃいますよね。


「まぁ普通にブルーベリーソースとかで風味が出てるのかな」


「ブルーベリーしか具がないとか、そんなネタ商品には見えないしな」


「結局ポークカレーだもんね」



「かすみがうらの自然の中で育ったブルーベリーを“たっぷり”使ったポークカレーです。」


……気のせいだよね。


色々なことが頭の中を駆け巡りましたが、とりあえず実食。



■まさかの…

見えますか?


スプーンに乗っている黒く丸い三連星、見えますか?


そうです。隠し味どころか、思いっきり主役張ってましたブルーベリー。


しかも、1つや2つではなく、結構な量のブルーベリーちゃんがゴロゴロ煮詰められていました。イメージとしては、納豆1パック分くらい入ってるんじゃないですかね。


お味はというと、めちゃめちゃブルーベリーの味します。若干酸っぱい。ほんのり風味が……とかではなく、完全にブルーベリー×カレーの味です。口の中で、カレー→ブルーベリー→カレー→ブルーベリーとデンプシーロール。


ただ、意外とイケる。味は悪くない。



■総評

美味しさ  ★★★☆☆


具材    ★★★★★


珍しさ   ★★★★★


これには理由があります。レトルトカレー独特の“具材のショボさ”ってあるじゃないですか。


このブルーベリーカレー、他の具材がしっかりしてるんです。写真中央部に乗っているお肉とか、下手なお肉を売りにしているレトルトカレーよりもゴツくて食べごたえのあるポークちゃんです。恐らく、具材がしっかりしていないとブルーベリーの味に負けちゃうというのもあるとは思います。


ブルーベリーは目にも良いってよく聞きますので、ライターにも優しいカレーでした。

関連記事(外部サイト)