カレーにコーヒー!? ブルーマウンテン×鳥取和牛カレーの全貌は?

カレーにコーヒー!? ブルーマウンテン×鳥取和牛カレーの全貌は?

カレーにコーヒー!? ブルーマウンテン×鳥取和牛カレーの全貌は?の画像

“コーヒーカレー”というと、皆さんはどんなイメージをもたれますか?


僕が今回のコーヒーカレーを手にしたとき、その瞬間に、こんな情景が浮かんできました。



田舎の、少し場末感漂う寂れたカフェ。そこには口ひげを生やしたマスターがいて、いつも数名の常連さんがアイスコーヒーやアイスカフェラッテを飲みながら小説を読んだり、仕事をしたりしています。


そこに僕が入店してきます。


「今日も暑いねマスター!カレーお願い。」


「はいよ。いつもの中辛ね。」


「うん。今日は隠し味にマスターの美味しいコーヒーを入れてみてよ。」


「コーヒー? いいけど、味は保証できないよ?」


「うん、大丈夫。絶対合うと思うんだよね。」


こんなやり取りをして僕は人生で初めてコーヒーカレーを食べるのです。



さて、実際の味はどんなでしょうか。


一口食べて「うん、美味しい!」と言えるでしょうか。そのときに「よかった」とカウンター越しににっこりと笑うマスターの顔が想像できるでしょうか。


僕はそんな想像を膨らませながら、『澤井珈琲カフェカレー』を食べようとしているのでした。



■これが鳥取和牛×ブルーマウンテンコーヒーの全貌だ!

今回のカフェカレー、“ブルーマウンテンコーヒー”が入っているとのことです。


ブルーマウンテンコーヒーというのはパプアニューギニア産の有名なコーヒーの一品種だそうです。


期待度アップですね。では早速。



熱で少しぼやけてしまっていますが、毎度おなじみサトウのごはんです。



今回は特別大サービス、二段乗せです。お腹がすいていましたからね。



ルーを流し込みます。とても美味しそう! これぞカレーというような色とツヤをしています。



■総評:コーヒーが主張しすぎないカフェカレー

味      ★★★★★


辛さ     ★★★★☆


掘り出し物感 ★★★★★


商品名こそ「カフェカレー」と、コーヒーとカレーが1:1のような雰囲気を醸し出していますが、実際に食べてみるとまったくそんなことはありませんでした。


コーヒーがカレーの隠し味となり、見事なコクと絶妙な苦みを生み出しています。これは絶品! おすすめです!


皆さんもぜひ、食べてみてくださいね。

関連記事(外部サイト)