絹ごし豆腐を子どもに食べさせよう!楽しくおいしいアレンジレシピ【時短飯】

「豆腐」には栄養はあるけど味噌汁と冷奴くらいしか思い浮かばない。そんなふうに思うママさんは私だけじゃないはず……!
今回はそんな「豆腐」を子どもや家族においしく食べてもらう時短アレンジレシピをご紹介します。今日から試せるおいしい豆腐革命! 始めてみませんか?

絹ごし豆腐をキャンバスに!? おいしく楽しい冷奴!

まず、用意するのは絹ごし豆腐とお箸。(そして針があればもっと完成度が高くなります)

まず、家族に出す前の状態にセッティングします。

そしてお箸や針を持って????

豆腐にメッセージやイラストを描いていきます。

一見すると「ボロボロで汚いなぁ」という印象ではありますが……

醤油を垂らすとホラッ!

メッセージが浮かび上がってきます。これで食卓が賑やかに&子どもも飽きずに冷奴を完食してくれますよ♪

母の日や父の日、お誕生日などにも使えるおもしろ技!
普段伝えられない「お疲れさま」や「だいすき」の気持ちを彫ってみるのもおもしろいかもしれません。子どもと一緒にやると盛り上がること間違いなし♪

【田舎風の優しい味付け】ひき肉+卵で絹ごし豆腐がまろやか時短レシピに!

子どもに優しい口当たりと、優しい味付けが大人の箸休めに……。柔らかい豆腐を使うと小さい子どもも食べることができるおかずに大変身しちゃいます!

【材料】
●合挽きひき肉……100g以上ならOK
●卵……2個ほど
●絹ごし豆腐……70g程度
◯砂糖……大さじ1~2杯(お好みで)
◯醤油……小さじ1~2杯(お好みで)

【作り方】

まず、ひき肉をフライパンで炒めましょう。

そしてそこに◯で示した調味料を入れて下味をつけます。

その後、豆腐を入れて崩し……

その後溶き卵を入れるだけ。

とてもシンプルですが、甘辛の味付けが柔らかな風味をかもしだします。
水分が出るので、お弁当に入れるなら木綿豆腐を使うようにしてみましょう♪

豆腐は工夫次第でおいしく楽しく食べることができる!

一見シンプルで味気ないと感じる豆腐ですが、他の料理にはできない楽しみ方や、シンプルだからこそ調味の可能性が無限に広がる素敵な食材だといえるでしょう。

ダイエットのために豆腐ダイエットをしている方や、健康のために豆腐を摂っているというおじいちゃんおばあちゃんにもぜひ、作ってあげてみてくださいね♪

家族が笑顔になると、あなたの毎日にも潤いが出てくるはず^^
ハッピーな毎日を過ごしましょう♪

関連記事(外部サイト)