和歌山で愛飲された「富士白レモンチュウハイ」が復刻!飲みやすくさらにレモン感

和歌山の酒造大手・中野BCは、09年に終売となった酎ハイ「富士白レモンチュウハイ」をこのほど、「富士白レモンチュウハイの素」(1.8L、税込み4320円、アルコール度数25度、5倍希釈タイプ)=写真=として、復刻発売した。

富士白レモンチュウハイは、和歌山県海南市発祥の地元和歌山のクラフトチューハイ。83〜84年ごろ、富士白レモンチュウハイの先駆けとなるだるま瓶「Hi-chuhiレモン」の製造を開始。

85年に缶酎ハイが発売されて以来、レモンの果汁感、しっかりとしたアルコール感が感じられる味わいからファンが多く、約25年もの間、和歌山で愛飲されていたが、09年の出荷を最後に姿を消した。しかし昨今のレモンサワーの流行もあり、コンクタイプの「富士白レモンチュウハイの素」として復活することになった。

今回、49年からの長い歴史を持つ甲類焼酎「富士白」をベースに、レモン風味がしっかり残る、果肉分も含んだ濃縮果汁を使用。5倍濃縮のコンクタイプのため、ソーダで割っても当時の味わいはそのままに、飲みやすくさらにレモン感が感じられる味わいを目指した。

「富士白レモンチュウハイの素」は、業務店限定、同社売店(長久庵)で限定発売。

富士白レモンチュウハイの復刻を記念して、8月3〜5日の夜、十圓屋(和歌山市毛見1437-91)で「富士白レモン酎ハイ復刻祭」を開催。富士白レモンチュウハイが通常の半額となった。

◇日本食糧新聞2018年8月3日号の記事を転載しました。

関連記事(外部サイト)