ハンガリー名産フォアグラのゴージャスでおいしい食べ方

中央ヨーロッパ・ハンガリーの首都ブダペスト在住のフードライター、旅野きっこです。ヨーロッパに点在する素敵な街を訪れながら、各地のおいしいグルメをお酒とともに満喫する日々を送っています。
ハンガリー名産といえば「フォアグラ」。フレッシュなフォアグラを低価格で、さまざまな料理で楽しむことができるのはハンガリーならでは。レストランではもちろん、朝食にユーズフルなペーストやお酒のおつまみにぴったりな缶詰になっていたり、外でも家庭内でもフォアグラを楽しむことができます。今回はそんなフォアグラがハンガリーでどのように食べられているかをご紹介します。

やっぱりおいしいフレッシュフォアグラのグリル

ハンガリーのほとんどのレストランでは、フォアグラ料理が用意されています。前菜のテリーヌであったり、グリルであったり。日本国内でいただくフォアグラはステーキの上にちょこんと載っていたりとお上品ですが、ハンガリーでは豪快にフォアグラだけをグリルして豪快に楽しむことができます。しかも安い!

フォアグラグリルは主にフルーツを使ったソースが添えられています。筆者のお気に入りレストランでは(在住日本人もみんな大好き)、りんごをフォアグラのフライパンに投入してあり、マッシュポテトとともに供されます。大きくフレッシュなフォアグラが豪快に人数分グリルされたフライパンがテーブルに来ると喜びが最高潮に達します!

フォアグラを使ったサンドウィッチも美味!

ハンガリーではサンドウィッチの出番が日常生活の中でよくあります。輸入食材店などでは自分の好みのサンドウィッチをカスタマイズできる場合も。もちろん家庭でランチパックを作ったりという時も、サンドウィッチは手軽でおいしくいつでも食べられるためよく登場します。

具材はその時の気分であれこれとパターンがありますが、フォアグラのテリーヌを伸ばしてパンに塗るなんてこともしょっちゅう。スーパーでパンに塗る用のフォアグラペーストが手に入るのでそれを塗ったり、市場のお肉屋さんでテリーヌを買ってそれをおつまみにしたりパンに挟んだりとあれこれアレンジが楽しめます。

もちろんフレッシュフォアグラを市場で買って家で焼いてパンに合わせる、なんてことも手軽にできます。

マーケットの食事もフォアグラ!

ハンガリーでは、イースターやクリスマスという大きな行事の時には、ちょっとした広場でマーケットが1ヶ月以上開催されます。民芸品が売られていたり、ホットワインとともに食事も多数のメニューが用意されています。毎年内容は同じですが、季節の楽しみとしてたくさんの人が訪れます。

ヨーロッパではシーズンになるとマーケットが街に出ますが、ヨーロッパ諸国の中でもハンガリーのマーケットの食事の充実ぶりは、かなり上位に入るといえるほど。他国からも多数の観光客が訪れます。そんなマーケットでもフォアグラは大人気。紫キャベツを蜂蜜とバルサミコ酢で調理するマリネとともに、ホットワインで楽しみます。

世界三大貴腐ワイン・トカイアスーとフォアグラのハーモニー

グリルやテリーヌ・ペーストなどさまざまに楽しめるフォアグラですが、ぜひお試しいただきたいのが世界三大貴腐ワイン「トカイアスー」とのコラボレーション。ハンガリー東部のトカイ地方で作られる甘い琥珀色のワイン「トカイアスー」は、フォアグラと本当によく合います。

トカイアスーの記事はこちら

上品かつ深い甘みの貴腐ワイン「トカイアスー」のおいしい飲み方

フォアグラがそれほど好きではなかった人が、ハンガリーで食べるとあまりの美味しさに目を見張る、なんてことも結構あります。ハンガリーを訪れたらぜひおいしいフォアグラをトカイアスーとともに楽しんでみてください。

関連記事(外部サイト)