食欲がない時は優しい味わいの「すりながし」を作りましょう【レシピ付き】

こんにちは、食育研究家の長島和美です。「すりながし」ご存知ですか? 野菜や豆腐などをすりつぶし、だしでのばし味を調えたものです。和風ポタージュととらえてみると分かりやすいでしょうか。和食の料理用語集で調べると、すりつぶした材料をすまし汁、または味噌汁でのばした汁物の名称で「すり流し汁」と書かれています。
食欲がないときに、汁物でしたら手軽にのどを通りますよね。色鮮やかに、可愛い器に入れて楽しんでみてください。温かくても、冷たくしてもいいですよ。さて、ご自宅にある野菜などで「すりながし」を作ってみましょう〜!

トウモロコシのすりながし 出汁と塩だけでつくります

洋風ポタージュでしたらブイヨンや牛乳や生クリームでのばしますが、和風ポタージュですので、今回のとうもろこしの「すりながし」は昆布だしにしました。脂肪分がないので優しい味になります。飽きもこないのでぜひ覚えてみてください。

【材料】2人分
・トウモロコシ 1本
・だし昆布 3cm角
・水 400cc
・塩

【作り方】
1.鍋に水とだし昆布を入れておく。
2.生のトウモロコシをそぎ切りにする。

3.(1)の鍋に(2)をいれて火にかけ、柔らかくなったら昆布を取り出し、ミキサーにかける。
4.ザルなどでこす。(トウモロコシのひげや皮を取り除くため)
5.再び鍋に入れ、塩で味を調える。(お好みで、温かいままでも、冷やしても)

とうもろこしのすりながし

オクラのすりながし グリーンが鮮やか!冷やして召し上がってくださいね

オクラのすりながしは、冷やすのがおすすめです。冷ややっこと一緒に。

オクラのすりながし

【材料】4人分
・オクラ 4本〜8本(本数が多いと色も濃厚になります。ちなみに上記の写真は4本分の色合い)
・だし昆布 3cm角
・水 400cc
・白だし(市販) 小さじ2
・塩 少々
・枝豆豆腐(お好みのお豆腐で) 120g

【作り方】
1.鍋に水とだし昆布を入れておく。
2.オクラを縦半分に切り、種を取る。

オクラの種は取ります

3.(1)の鍋に(2)を入れて火にかけ、オクラが柔らかくなったらだし昆布をとり、ミキサーにかける。(ハンドミキサーが便利です)
4.白だしと塩で味を調える。
5.器にお好みの豆腐を高く盛り、その周りに(4)のすりながしを流し込む。(豆腐と一緒にミキサーにかけてもおいしいですよ〜)

冷ご飯のすりながし 離乳食にもご高齢の方にも良いですね

ご飯が余ってしまった!冷凍保存するには、量が少ないし・・・そんな時は、ご飯のすりながしを作ってみましょう〜!

【材料】2人分
・冷ご飯 ごはん茶碗1盛り分
・水 400cc(水の量が多いほどゆるいすりながしになります)
・だし昆布 3cm角
・白だし 少々
・塩 少々

【作り方】
1.鍋に水とだし昆布を入れておく。
2.冷ご飯をいれ、火にかける。
3.ご飯が柔らかくなったら、だし昆布を取り出しミキサーにかける。(ハンドミキサーが便利です)
4.白だしと塩で味を調える。

息子はおかゆ風に昆布の佃煮をそえて食べていましたよ〜

和風ポタージュの「すりながし」、ご自宅にあるもので作ってみてください。毎日の食習慣、彩り豊かに素材の味を楽しんでみてくださいね。

関連記事(外部サイト)