エクレアはフランス語の“稲妻”が由来〜なぜなのか?


シュークリームの仲間として、代表的なのが『エクレア』です。細長い形をしたシュークリームの表面に、チョコレートをかけたものです。
エクレアの誕生には諸説ありますが、19世紀にフランスのパティシエ、アントナン・カレームさんが考えた…という説が有力です。

この『エクレア』という名前は、フランス語で“稲妻”を意味する『エクレール』が由来とされています。
エクレアを頂くとき、クリームがなかから飛び出さないように、まるで稲妻のように素早くひとクチで食べなければならない…そういったところから、この名前が付いたと考えられています。

ひとクチでパクッと頂くことができる“プチシュークリーム”がありますが、名前を『プロフィトロール』と言います。フランス語で“贈り物”や“心づけ”といった意味です。
同じ『プロフィトロール』でも、チョコレートソースがかかったものは『プロフィトロール・オ・ショコラ』と言います。

続いて『サントノーレ』です。円形に伸ばした生地の上に、ひとクチサイズのシューを丸く並べて、真ん中にたっぷりのクリームが乗っています。
シューの表面はカラメルがコーティングされていますので、カリッとした食感が楽しめます。フランスでは“特別な日に頂くお菓子”とされています。

たくさんのシュークリームを積み重ねて作るのが『クロカンブッシュ』です。フランスではウエディングケーキの定番です。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

関連記事(外部サイト)