横浜駅「メガシウマイ弁当」(1250円)〜3社がスクラムを組んで、横浜とラグビーの未来を駅弁で応援!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

E233系電車・各駅停車、横浜線・古淵〜町田間

東海道本線(京浜東北線)の東神奈川と、中央本線の八王子を結ぶ「横浜線」。
東海道新幹線・横浜市営地下鉄ブルーラインと接続する新横浜の1つ隣・小机駅は、横浜国際総合競技場の最寄り駅として、各種イベント時には多くの方が利用します。
現在開催中の「ラグビーワールドカップ2019」の会場にもなっており、11月2日開催予定の決勝戦まで、様々な熱戦が繰り広げられます。

メガシウマイ弁当

メガシウマイ弁当

このラグビーにいま、“大きな”助っ人駅弁が登場しています。
横浜駅弁「崎陽軒」の「メガシウマイ弁当」(1250円)です。
“横浜とラグビーの未来をみんなで応援しよう!”というコンセプトの下、横浜市・横浜ウォーカー・崎陽軒ががっちりスクラムを組んで、9月20日〜11月2日までの期間限定販売。
特別な掛け紙には、しっかりと“応援メッセージ”が刷り込まれています。

メガシウマイ弁当

【おしながき】
・俵型ご飯(小梅、黒胡麻)
・昔ながらのシウマイ8個
・鮪の漬け焼(約1.5倍の大きさ)
・かまぼこ
・鶏唐揚げ2個
・厚焼き玉子(約2倍)
・筍煮(約1.5倍)
・あんず
・切り昆布&千切り生姜(約2倍)

メガシウマイ弁当

「メガシウマイ弁当」は2年前、平成29(2017)年に限定販売され、大きな反響を呼びました。
今回は再販売を望む声に応え、ラグビーが注目を集めるこの時期に改めて発売。
弁当の構成は通常の「シウマイ弁当」と同じですが、俵型ご飯が1.5倍の俵12個に、昔ながらのシウマイも5個から8個に増量されるなど、大きくボリュームアップされています。
昔ながらのシウマイや筍煮が、だんだんとラグビーの“モール”みたいに見えてくるかも!?

E233系電車・試運転列車、東海道本線(品鶴線)・新川崎〜武蔵小杉間

ラグビーのワールドカップが始まってから、首都圏近郊では、試合の観戦目的で来日したと思しき、海外の方の姿が目立つようになり、いままでの訪日観光客の方とは、一風変わった雰囲気が感じられるようになっています。
ちなみに横浜周辺では、埼京線のE233系電車が、試運転の真っ最中。
食欲の秋、いままでと少し変わった風景を楽しみながら、お腹いっぱい駅弁を味わってみてはいかがでしょうか。

駅弁 望月崇史 ライター望月 駅弁膝栗毛

関連記事(外部サイト)