キャラ飯は顔が命!?表現の幅を広げるアイデア2選

キャラ飯は顔が命!?表現の幅を広げるアイデア2選

キャラ飯は顔が命!?表現の幅を広げるアイデア2選

 近年、話題となっているのがキャラ飯です。古くはオムライスにケチャップで顔を描いたものですが、最近では料理好きの方々の腕のレベルも上がってきていますよね。そんな中、キャラ飯は味はもちろん、見た目が何よりも肝心!なようです。インスタ映えさせるために、さまざまな見た目を美しくするためのアイデアをみていきましょう!

■卵液に豆腐を混ぜ、つるつるお肌のオムライスに!

 オムライスに顔を描くのはまさにキャラ飯の定番ですが、顔のベースとなる卵にちょっとひと手間加えたアイデアです。おうち料理研究家のみきママさんによると、絹豆腐を泡立て器でなめらかになるまですりつぶしたものを卵に混ぜると、オムライスがつるつるになるのだそう。そこにアンパンマンなどの顔をつければ、つるつるお肌のオムライスになっちゃいますよ!

■色のある材料を作るため、ゆで卵で黄色いご飯を!

 キャラ飯の色の表現方法として、白はご飯、黄色は卵焼き、黒は海苔、というのが一般的ですよね。でも、もっといろんな材料に色をつけることができれば、表現の幅も広がります。そのために、ご飯そのものを黄色くしたい場合には、あるものを混ぜるといいそうです。キャラ弁ブロガーのkaerenmamaさんによると、ゆで卵の黄身だけをご飯と混ぜることで、黄色いご飯ができるのだそう。これには驚きですね! 黄色いご飯で、世界的に有名なクマのキャラクターを作っていましたよ。

 キャラ飯を極めるなら、ぜひ顔の美しさにこだわって、いろいろとチャレンジをしてみてはいかがでしょうか?

関連記事(外部サイト)