銀座の「焼き芋」は贅沢で甘味たっぷりの“とろける”味わい!?

銀座の「焼き芋」は贅沢で甘味たっぷりの“とろける”味わい!?

銀座の「焼き芋」は贅沢で甘味たっぷりの“とろける”味わい!?

 銀座といえば、高級店が建ち並ぶエリア。その銀座と庶民的な秋の味覚の「焼き芋」とは、一番結びつかない場所と食べ物ではないでしょうか。しかし!実は銀座でも焼き芋が食べられるそう。しかも、それは単なる焼き芋ではなく、これまで食べたことのないほど“甘みのある”焼き芋なんだとか。

 そんな銀座の焼き芋店の一つが「銀座つぼやきいも」。つぼで焼くから名付けられたようなのですが、皮ごと食べられますし、蜜はいっぱいですし、本当に贅が尽くされた味わい! ホクホクの焼き芋に飽きた人は、蜜たっぷりの“とろける”焼き芋の味わい、ぜひ楽しんでみてくださいね。

 そして、焼き芋そのものではなく、焼き芋が使われたデザートを販売しているのが南風農菓舎GINZA SIX店で販売されている「とろ〜り焼芋」。その正体は、鹿児島県大隈半島の直営農場で作られたカラー芋(有色のさつまいも)の焼き芋を、皮ごと“とろ〜り”と炊き上げてミルクソースをかけたもの。スプーンでいただくプリンのような不思議なスイーツは、これまで味わったことのない食体験ができるようですよ。

 銀座で食べられる贅を極めたお洒落な焼き芋。銀座に立ち寄ったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事(外部サイト)