秋の味覚「さつまいも」の“ハマる”食べ方

秋の味覚「さつまいも」の“ハマる”食べ方

秋の味覚「さつまいも」の“ハマる”食べ方

 秋といえば「さつまいも」が美味しい季節ですよね。そんなさつまいも、食べ方はたくさんありますが、中でも“思わずハマってしまう”食べ方があるようです。

■品種にこだわる

 さつまいもは「品種によって味が違う」と、さまざまなSNSでも話題になっています。とくに、徳島県産の「鳴門金時」は、ホクホクとした栗のような食感に加え、非常に甘くて美味しい品種なんだそうですよ。「ふかしてバターで食べるのが最強だ」という声も!

■大学芋フラペチーノ

 スターバックスの「大学芋フラペチーノ」が9月23日に発売され、話題になっています。さつまいもを新鮮に味わえるチャンスです。まるで本物の大学芋を味わっているかのような味わいとか。蜜をイメージしたスイートポテトシロップで黄金色のマーブル模様をドリンク全体に描いており、さらにはホイップクリームの上にも黒ゴマとスイートポテトシロップをトッピング。まさに、大学芋の見た目です。

■おかずにする

 さつまいもを鶏肉と一緒に甘辛く炒めれば、「ご飯のおかずとしても美味しい」という声も。

 この秋、さつまいもをアレンジして、とことん美味しく味わいたいものですね。

関連記事(外部サイト)