馬肉が400g! 秋葉原『タケル』の「旨馬丼」“馬し馬し盛”が、想像以上にウマかった!

馬肉が400g! 秋葉原『タケル』の「旨馬丼」“馬し馬し盛”が、想像以上にウマかった!

馬肉が400g! 秋葉原『タケル』の「旨馬丼」“馬し馬し盛”が、想像以上にウマかった!

 東京・秋葉原にある『1ポンドのステーキハンバーグ タケル』といえば、大阪発祥のステーキとハンバーグの専門店。東京には上野と秋葉原に2店舗を展開しています。実は最近、『タケル』で珍しい馬肉の丼「旨馬丼」を食べることができる…そんな噂を聞きつけました。馬刺しは食べたことがありますが、ローストした馬肉の丼は未体験。というわけで、さっそく食べに行ってきました。

 旨馬丼は1日10食限定。馬肉の量を「ウマ盛(200g)」「肉馬し盛(300g)」「馬し馬し盛(400g)」から選べます。筆者は当然「馬し馬し盛」(1,600円)をオーダー。

 丼メシの上に馬肉のステーキが山のように積み上げられています。かかっているのはステーキソースではなく、特製のマヨネーズソースです。まずは何もかかっていない肉をいただきます。赤身の馬肉をレアで焼いてあり、一見ローストビーフのよう。食感もローストビーフのように柔らかく、あっさりしていながら旨み十分。いや、これはヘタなローストビーフより断然うまいです!

 マヨネーズソースは、ワサビやガーリックなどをミックスしたもの。刺激的な味を予想しましたが、意外にフルーティー。酸味の効いたクリームという印象で、肉につけると美味しさ倍増。いくらでも食べられそうです。しかも肉の下のごはんにつけると、これまた美味。

「このマヨネーズソースだけ売ってほしいというお客さんも多いんですよ」と店長さんが言うように、たしかにこれは家の食卓に置いておきたくなるような美味しさです。味にメリハリがほしい人は、玉ねぎとしょうゆをベースにしたオリジナルソースをつけてもいいでしょう。

 馬肉は牛や豚の肉に比べて低カロリー高たんぱくの肉として知られており、貧血予防の効果が期待できる鉄分は牛、豚、鶏よりも多いというデータも。また疲労回復に良いとされるグリコーゲンが豊富に含まれているのも特徴です。今年の夏は猛烈な激暑だったので、これからじわじわと体に疲れが出てくるかもしれません。この旨馬丼でパワーを回復させてみてはいかがでしょうか。

(取材・文◎松本壮平)

●SHOP INFO

店名:1ポンドステーキハンバーグのタケル 秋葉原店

住:東京都千代田区外神田3-2-11 遠藤ビル 1F
TEL:03-5256-2929
営:11:00〜15:00(14:30 LO)、17:30〜23:00(22:30 LO)
  土・日・祝11:00〜17:30、17:30〜23:00(22:30 LO)
休:なし
https://steak-takeru.jp/

関連記事(外部サイト)