人気店のシェフが作る『DEAN&DELUCA』の「缶詰」に注目!

人気店のシェフが作る『DEAN&DELUCA』の「缶詰」に注目!

食楽web

 新型コロナウィルスにより、流通先を失ってしまった水産物を食べて生産者を応援する「SEAFOOD RESCUE U PROJECT(シーフードレスキューUプロジェクト)」。そのプロジェクトのもと、セレクトショップ『DEAN&DELUCA』が手掛けたのが、若手実力派のシェフたちとタッグを組んだ魚介の「缶詰」です。

 1缶972円と缶詰としては高級ですが、レストランの本格的な料理を手軽に味わえる画期的な一品。好みのワインや日本酒などを用意すれば、即席のおつまみにもピッタリ。ストック食材としてはもちろん、ギフトにも重宝します。そこで、どんな缶詰があるのか、ご紹介しましょう。

ホタテのフリカッセ

972円(税込)

972円(税込)

 虎ノ門『unis』のシェフ・薬師神陸さんが監修した「ホタテのフリカッセ」は、レンコン、黄ニンジン、セロリを煮込み、レモンで爽やかに仕上げたフランスの家庭料理です。しっかり冷やした辛口の白ワインと合わせれば、華やかな風味が広がります。レモンの果汁をしぼったり、クルミなどのナッツをプラスして味わうのもおすすめです。

ブリのココナッツカレー

972円(税込)

972円(税込)

 外苑前の人気ベトナム料理店『アンディ』の内藤千博シェフが監修。ベトナムではおなじみのシナモン香るサツマイモ入り「ブリのココナッツカレー」です。辛さは控えめですが、スパイスを使った奥深い味わいを堪能できます。こちらは、熟成度が高く酸味のある日本酒と合わせるのがおすすめです。

カラブリア風メバチマグロのトマト煮込み

972円(税込)

972円(税込)

 こちらは、イタリアの星付きレストランで修行し、フレンチ鉄板焼き『ahill azabu』シェフに就任した大井健司さんが監修。存在感のあるメバチマグロに、シラスと唐辛子を合わせたトマト煮込みです。さっぱりとした赤ワインやシャンパンがベストマッチ! フェンネルやオレガノ、タイムなどのハーブを少量散らすと、より華やかな風味を楽しめます。

 注目店のシェフが作った渾身の缶詰。お近くの『DEAN&DELUCA』各店で、ぜひゲットしてみてください。

●DATA

DEAN & DELUCA

https://www.deandeluca.co.jp/

関連記事(外部サイト)