世界一贅沢な牛丼!? お取り寄せ専用「一流のための牛丼」が旨すぎて衝撃だった

世界一贅沢な牛丼!? お取り寄せ専用「一流のための牛丼」を食べてみた

食楽web

 もうすぐ母の日、そして6月には父の日がやってきます。皆さんは、日頃の感謝を込めて、お母さんやお父さんに贈るものは決まりましたか? もしまだ考え中なら、ぜひおすすめしたいお取り寄せグルメがあります。その名も「一流のための牛丼」という、なかなかエッジの効いた一品です。

 実は筆者の誕生日に、知人から「牛丼を送ったよ」という連絡があり、届いたのがこれでした。「面白いものを送ってくるな」と思っていたのですが、クール宅急便を開けてみると、なんとあの高級精肉卸のヤザワミート謹製。最高級黒毛和牛サーロインを使用した牛丼だったのです。

高級感あふれる紫色の風呂敷に入って到着

高級感あふれる紫色の風呂敷に入って到着

 で、実際にいただいてみたのですが、結論から言うと、ちょっと衝撃的な美味しさで感涙しそうになりました。食べ終わる頃には、「これを父の日に贈ろう」と心に誓ったほど。というわけで、どんな牛丼だったのか、ご紹介したいと思います。

和牛に包まれたオムライスのような牛丼

「一流のための牛丼」4食分(化粧箱入り)1万4040円(ヤザワミートオリジナル風呂敷付きは+550円)

「一流のための牛丼」4食分(化粧箱入り)1万4040円(ヤザワミートオリジナル風呂敷付きは+550円)

 届いた商品を開けると、冷凍されたパックが4つ。1袋ごとに調理済みのかなり大ぶりな最高級黒毛和牛サーロインが1枚と、飴色に輝く輪切りの玉ネギが入っています。この冷凍パックを、そのまま沸騰したお湯で6〜8分湯煎していきます。

沸騰したお湯に投入して湯煎します

沸騰したお湯に投入して湯煎します

 箱には説明書が付属しているのですが、肉を湯煎している間に、丼1杯のご飯とよく溶いた生卵を混ぜて卵かけご飯を作っておくべし、との記述が。

ご飯150〜200gに生卵をよく混ぜて卵かけご飯を作ってお皿に盛ります

ご飯150〜200gに生卵をよく混ぜて卵かけご飯を作ってお皿に盛ります

 牛丼なのに卵かけご飯? と疑問に思われるでしょうが、実は、これこそがこの牛丼の最大のポイント。というのもこの牛丼、実は厳密に言えば、“卵かけご飯専用”の牛丼なのです。皿に持った卵かけご飯の上に、湯煎から出したサーロイン&玉ねぎをかぶせて完成!

肉のオムライスのような不思議な牛丼が完成

肉のオムライスのような不思議な牛丼が完成

 出来上がってみると、ご覧の通り、牛丼というより、卵の代わりに極上のサーロインステーキでライスを包んだオムライスのようです。

 肉をお箸で触ると、ふんわりやわらかい手応えで、いとも簡単に切れます。そのお肉に卵かけご飯を包んで食べると……これはもう「至福」としか表現しようがありません。歯にお肉の繊維を感じることもなくさくりと噛み切れ、とろけるような食感とともに胃に収まっていきます。

 上品な甘さのタレと肉の脂の旨みが口中で一体となって広がっていきます。もはや超高級すき焼きの最高に美味しいところを、卵かけご飯で味わっているような贅沢さ。心がどんどん満たされて、まさに幸せです。人間、あまりに美味しいものを食べると、言葉を失い、思わず目を閉じてしまうものなんだな、と実感。

 というわけで、この超贅沢な「一流のための牛丼」。1食3240円と、牛丼としてはお値段が張りますが、間違いなく心に残る至極の味わい。今なお続くコロナ禍で、なかなか会えないご両親や、大切な方に。そしてもちろん、自分へのご褒美にもオススメの牛丼ですよ!

(撮影・文◎土原亜子)

●DATA

ヤザワミート オンラインショップ

https://yazawa-meat.ec.valuet.co.jp

関連記事(外部サイト)

×