1羽から30gしかとれない! 旨みと肉汁がスゴい「肩トロのからあげ」を『極からあげ鳥匠』で食べてきた

1羽から30gしかとれない! 旨みと肉汁がスゴい「肩トロのからあげ」を『極からあげ鳥匠』で食べてきた

肩トロのからあげ。希少部位なのでやや小ぶりです | 食楽web

 肩トロという鶏の部位、ご存じですか?ムネ肉と手羽元の間にある肩の肉で1羽から30gほどしか取れない希少部位です。この肩トロ、脂身が少ないのにジューシーなため、とくに女性に人気の部位。焼鳥屋さんでは“ふりそで”という名前で提供されていることが多いようです。

 今回はその肩トロのからあげを食べられる『極からあげ鳥匠』へ。東京三大銀座商店街のひとつである、十条銀座商店街に今年オープンしたばかりのお店です。こちらで「極からあげ・肩トロ」(8個380円)と「極からあげ・もも」(3個480円)をいただきました。

お店は東京三大銀座商店街のひとつ、十条銀座商店街にあります

お店は東京三大銀座商店街のひとつ、十条銀座商店街にあります

 肩トロのからあげは、希少部位ということもあり、やや小ぶり。しかし食べてビックリ、マシュマロのようなふわふわ感。何も言われなければモモ肉かと思ってしまうほどのやわらかさとジューシーさです。旨みはモモ肉よりも鋭い印象。グーンとのどの奥まで迫ってくるうま味がたまりません。そして、かすかに甘みもあるような気がしました。

モモ肉のからあげ。カリッとした衣の食感がいい!

モモ肉のからあげ。カリッとした衣の食感がいい!

 一方、モモ肉も肩トロに負けていません。ふわっとした食感に、ニンニクやショウガの風味が絶妙に加わり、片栗粉ベースのカリッとした衣との相性も抜群。醤油ベースの和風海鮮ダシに漬け込んでいるそうで、海鮮系の豊かな味わいも特徴です。

 そして何より、肩トロもモモ肉も肉汁がスゴい!「ダムの放流か!」と言いたくなってしまうほどに噴き出してくるではありませんか!

肩トロもモモ肉も、肉汁がスゴい!

肩トロもモモ肉も、肉汁がスゴい!

 こちらでは味付けに“寒仕込み”という方法を用いています。漬けダレに肉を漬け込み、しばらく冷やします。冷蔵庫から出してしばらくおいてから、もう一度冷やすのだとか。そうすることで肉に味がしっかりとしみ込んでいくんですね。日本酒や味噌などの醸造の世界ではよく耳にしますが、からあげ界でも取り入れられていたとは…。

 さて肩トロのからあげ、食べられるお店はまだまだ少数。しかしこの美味しさ、ほかの専門店が放っておくはずはないと確信しました。

オリジナルの焼酎も楽しめます

オリジナルの焼酎も楽しめます

●SHOP INFO

極からあげ鳥匠・十条店 外観

店名:極からあげ鳥匠・十条店

住:東京都北区十条仲原1-27-4
TEL:03-5948-8222
営:11:00〜22:00(料理L.O. 21:30/ドリンクL.O. 21:30)
休:不定休

●著者プロフィール

松本壮平

ライター・編集者。一般社団法人日本唐揚協会認定カラアゲニスト。生まれも育ちも「からあげの聖地」である大分県中津市。美味しいからあげを求めて東奔西走する「から活=からあげ探索活動」に明け暮れている。

関連記事(外部サイト)