冷蔵庫の“残りもの”でOK! 人気インスタグラマー・もちさん考案の「ピリ辛レシピ」5選

冷蔵庫の“残りもの”でOK! 人気インスタグラマー・もちさん考案の「ピリ辛レシピ」5選

食楽web

 コロナ禍の外出自粛により、以前よりも自炊をするようになったという人は多いはず。「タバスコソース」を販売する『マキルヘニー社』が全国の20〜40代の男女400人を対象に行った調査によれば、6割以上の人が「料理頻度が高くなった」と回答しているそう。

グラフ:食材の残り物が出る頻度

グラフ:食材の残り物が出る頻度

 感染拡大予防策として「買い物の頻度を減らし食材を買いだめすること」が推奨されていますが、その影響からか、3割の人が「食料品を衝動買いしている」そうです。さらに、週に1回以上残り物が出てしまっている人の割合も約3割にも達しており、「残り物の使い道に困っている」と答えた人はなんと8割以上という結果が!

 家庭でのフードロスを消化するためにも、「あまりがちな食材をなんとかアレンジしたい」と悩んでいる方は少なくないようですね。

残り物調理で圧倒的に人気なのは「辛味」!

残り物調理で圧倒的に人気なのは「辛味」!

 この残った食材、“辛味”の料理にアレンジしたいという人が半分以上いるんですね。そこで今回は、タバスコソースを使った「残り物のアレンジレシピ」を5つご紹介します。このレシピは、“おきかえレシピ”で大人気のインスタグラマー・もち(_mo_chi)さんが考案。ぜひ、参考にしてみてください。

辛うまレタスチャーハン

材料

・温かいごはん……お茶碗1杯(180g)
・卵……1個
・ベーコン、もしくはハム……1枚
・レタス……小さめ1枚
・鶏ガラスープの素……小さじ1
・ごま油……小さじ1
・醤油……小さじ1
・「タバスコガーリックソース」……小さじ1
・塩胡椒……お好みの量

作り方

1.大きめの耐熱容器を用意し、細切りにしたベーコン・ごはん・卵・鶏ガラスープの素・ごま油・醤油・「タバスコガーリックソース」を混ぜて広げ、ふんわりラップをかけたら600Wで1分30秒加熱する

2.レンジから出したらもう一度混ぜ、水をきったレタスを小さめにちぎり入れてから、再び全体をよく混ぜ、ラップをかけずに600Wで1分30秒加熱する

3.お好みで塩胡椒とタバスコガーリックソースで味を整えたらできあがり

 タバスコソースの中でもとくに濃厚で、辛味とガーリックの風味が食欲をそそる「タバスコガーリックソース」はチャーハンと相性抜群! いつものチャーハンがスタミナ系に変身するので、ガッツリ食べたい日にはぴったりです。

炊飯器で大根と鶏の煮物

材料

・鶏手羽元……5本
・大根……300g
・ベーコン、もしくはハム……1枚
・ゆで卵……2個
・小ネギ……適量
調味料
・水……150ml
・醤油……大さじ2
・砂糖……大さじ2
・料理酒……大さじ3
・しょうがチューブ……小さじ1
・和風顆粒だし……小さじ1
・「タバスコチポートレイソース」……大さじ1

作り方

1.皮をむいた大根を2cm程度の厚さにカットする

2.炊飯釜に大根と鶏手羽元、調味料を全て入れて炊飯する

3.炊飯が終わったら、ゆで卵を入れて30分以上保温する

4.お好みで「タバスコチポートレイソース」と小ネギを振りかけたらできあがり

 炊飯器でじっくり煮込むことで、「タバスコチポートレイソース」の香りと辛味が材料の中までしっかりしみ込みます。一晩冷蔵庫で寝かせると、さらに卵に味が染みて美味しくなりますよ!

レンジでスパイシートマトパスタ

材料

・パスタ……100g
・玉ねぎ……1/4個
・ほうれん草……1/2束(30g)
・ベーコン……2枚
・水……180ml
・カットトマト……200g
・砂糖……小さじ2
・オリーブオイル……小さじ2
・「タバスコソース」……小さじ1
・にんにくチューブ……小さじ1
・コンソメ……小さじ1
・塩胡椒……少々
・粉チーズ……小さじ1

作り方

1.玉ねぎは薄切りに、ほうれん草は5cm幅に、ベーコンは細切りにカットする

2.パスタは半分に折り、深めの耐熱容器に粉チーズ以外の材料を全て入れる

3.ラップをせずに、パスタの袋に表記されているゆで時間分、600Wで加熱する

4.全体をほぐすように混ぜて、さらに600Wで4分加熱する

5.もう一度全体をよく混ぜたら、粉チーズとお好みでタバスコソースを加える

 ゆでる過程が面倒に感じられるパスタも、耐熱容器があればレンジで簡単に作ることができます。レンジで煮込む段階にタバスコソースを加えることで、熱によって辛味がまろやかになり、辛すぎずほどよい酸味の食べやすい味わいになりますよ。

レンジでちょい辛ジャガイモオムレツ

材料

・じゃがいも……1個
・玉ねぎ……1/4個
・ベーコン……2枚
・卵……2個
・牛乳……80ml
・マヨネーズ……大さじ1
・「タバスコハラペーニョソース」……小さじ2
・塩コショウ……少々
・ピザ用チーズ……40g
・ケチャップ……お好みの量

作り方

1.じゃがいもと玉ねぎは薄切り、ベーコンは細切りにして深めの耐熱容器に入れ、ふわっとラップをかけて600Wで3分加熱する

2.別の容器に卵、牛乳、マヨネーズ、「タバスコハラペーニョソース」、塩胡椒を入れて卵液を作っておく

312の卵液とピザ用チーズを加え、ラップをかけずに600Wで9分ほど卵が固まるまで加熱する

4.お好みでケチャップとタバスコハラペーニョソースをかける

 卵のまろやかさとタバスコハラペーニョソースのやわらかな辛味は、どんな食材も優しく包み込む美味しさ! ぶなしめじなどのキノコ類や、冷蔵庫に余った食材を好みで加えるのもおすすめです。

スパイシーチーズ卵かけごはん

材料

・温かいごはん……お茶碗一杯分(約140g)
・卵……1個
・醤油……小さじ1/2
・かつお節……1g
・粉チーズ……小さじ1
・タバスコソース……小さじ1/2

作り方

1.温かいごはんをお茶碗に盛りつけ、真ん中に空洞を作る

2.全体にかつお節と粉チーズを振りかけたら、空洞に卵を落とす

3.醤油とタバスコソースを振りかけて全体を混ぜたらできあがり

 忙しい日々の味方の卵かけごはんも、タバスコソースが加わると一味違ったメニューに! 混ぜているうちに溶けた粉チーズがタバスコソースの辛味と絡み合い、濃厚な洋風卵かけごはんになります。朝ごはんや、ちょっと小腹がすいたときにも最適ですよ。

●DATA

TABASCO

https://tabasco.co.jp/

関連記事(外部サイト)