魚介ダシ香るから揚げが大人気! 押上『浪漫チキン』で絶品「塩だしから揚げ」を食べてきた

魚介ダシ香るから揚げが大人気! 押上『浪漫チキン』で絶品「塩だしから揚げ」を食べてきた

『から揚げと惣菜の店 浪漫チキン』の「塩だしから揚げ」 | 食楽web

 薄衣とサイズの巨大化──

 これが近年のからあげのトレンドですが、それに加えて“ダシ味”のからあげが急増していることもその傾向の一つです。今回ご紹介するからあげも、ダシがベース。 日本唐揚協会によると、ダシを使うからあげが増えている背景には、からあげでご飯を食べてほしいという各店の思いがあるからでは、とのこと。

地下鉄押上駅から徒歩10分ほどで『から揚げと惣菜の店 浪漫チキン』に到着

地下鉄押上駅から徒歩10分ほどで『から揚げと惣菜の店 浪漫チキン』に到着

 そして東京スカイツリーの麓、墨田区業平にある『から揚げと惣菜の店 浪漫チキン』は今年オープンしたばかりですが、すでに地元の人々を中心に多くのファンがいるお店。人気の理由も、風味豊かなダシの味付けのからあげにあります。

惣菜メニューも豊富。もう一品欲しいというときはありがたい!

惣菜メニューも豊富。もう一品欲しいというときはありがたい!

 それもそのはず、オーナー・農山さんのご実家は錦糸町の日本料理店『坊々樹』。日本料理の世界で培った技術をからあげで表現している、と言っても過言ではなく、とにかくダシの塩梅が最高なんです。

 というわけで、早速その魅力をご紹介しましょう。

魚介系だしのパンチが効いた和風からあげの味は?

「塩だしから揚げ」(2個・200円)。アゴなど魚介系だしと塩味のバランスが絶妙!

「塩だしから揚げ」(2個・200円)。アゴなど魚介系だしと塩味のバランスが絶妙!

 からあげは「醤油」・「塩だし」・「燻製」の3種類。このうち筆者のイチオシは「塩だし」です。1個60gほどあるジャンボサイズのからあげ、ひと口ガブリといった途端、思わず「うおっ!」という声を上げてしまいました。

 ひと噛みしただけで、口いっぱいに魚介系ダシの風味が炸裂するようにガツンと広がるのです。これまでダシ風味のからあげを色々と食べてきましたが、ここまでダシのパンチが強いものは初めて。オーナーの農山盛皓さんによると「アゴなど数種類のだしを使っています」とのこと。魚介系は、強すぎると臭みが出てしまうこともありますが、それはまったくありません。

 魚介ダシ、塩味、肉の旨み。それぞれが突出することなく、見事に調和した絶妙なバランスの味わい。ダシだけでなく、塩も数種類をブレンドしているとのことで、豊かで深みのあるからあげに仕上がっています。和のテイストで、ご飯が進むこと間違いなしの味わいです。

燻製から揚げ(2個・250円)。薫香豊かな味わいでビールください! とつい言いたくなる

燻製から揚げ(2個・250円)。薫香豊かな味わいでビールください! とつい言いたくなる

 そしてこちらのもうひとつのオススメは「燻製」。味付けに燻製醤油を使用しているそうで、これも実に珍しい、他にはない味わいです。燻製特有の風味と香りをまとっており、高級なスモークチキンを食べているよう。これはビールが欲しくなる!

「醤油から揚げ」(2個・200円)。まろやかな醤油の風味がたまりません

「醤油から揚げ」(2個・200円)。まろやかな醤油の風味がたまりません

 もうひと品の「醤油」は、まろやかな醤油の風味がたまらない、正統派の和風からあげで、これはこれでご飯が欲しくなる味わい。お店ではお弁当やお惣菜も販売しているので、ランチにはもってこいかもしれません。

 さすが、いずれのからあげも、美味しさの引き出し方を熟知しているような至極の味わい。お店のスタッフの中には、前述のオーナー農山さんのご実家『坊々樹』で腕を振るった人もいるそうです。美味しいのも納得ですね。未体験の人は、日本料理店仕込みの和風からあげをぜひ味わってみてください。

●SHOP INFO

から揚げと惣菜の店 浪漫チキン外観

店名:から揚げと惣菜の店 浪漫チキン

住:東京都墨田区業平4-7-5メナー隅田101
TEL:03-6658-8559
営:11:00〜21:00
休:年中無休
地下鉄押上駅から徒歩10分

●著者プロフィール

松本壮平
ライター・編集者。一般社団法人日本唐揚協会認定カラアゲニスト。生まれも育ちも「からあげの聖地」である大分県中津市。美味しいからあげを求めて東奔西走する「から活=からあげ探索活動」に明け暮れている。

関連記事(外部サイト)