ビールの新境地! 台湾ビール×アッサム紅茶の「紅茶ラガー」って何?

ビールの新境地! 台湾ビール×アッサム紅茶の「紅茶ラガー」って何?

食楽web

 お馴染みのコンビニ『ローソン』及び『ナチュラルローソン』では、7月27日より“アッサム紅茶”をブレンドした台湾ビール「紅茶ラガー」の販売をスタート。華やかな紅茶の香りとほんのり甘めのテイストが、早くも大人気&大好評を博しています。

台湾ビールとは?

左「紅茶ラガー」、右「ハニーラガー」

左「紅茶ラガー」、右「ハニーラガー」

 今回の「紅茶ラガー」のベースとなる”台湾ビール”は、台湾で100年以上の歴史を誇る老舗ビールメーカー『Taiwan Tobacco & Liquor Corporation』が製造。貯蔵工程で熟成(発酵)を行ったラガータイプで、副原料に米を使用することで苦みの少ない飲みやすさを備えています。

 このビールに台湾の食材やフルーツを加えたフレーバービールは台湾土産の定番になるほどの人気で、台湾では定番のフルーツ“龍眼”の花から採取したハチミツをブレンドした「ハニーラガー」は、今年5月の日本初上陸時にはあっという間に売り切れてしまうなど、大きな注目と大人気を獲得しました。

330ml入り298円(税込)

330ml入り298円(税込)

 その「ハニーラガー」に続く第2弾「紅茶ラガー」は、台湾ビールに世界四大銘茶のひとつ“アッサム紅茶”をブレンド。爽やかな喉越しと控え目なアルコール度数(3%)による軽さを備え、ひと汗かいた後の一杯はもちろんのこと、食事のお供にもピッタリのテイストとなっています。

 プルタブを開けて直飲みするのもOKですが、ワイングラスに注いで華やかな香りを楽しむというシャンパンライクな飲み方がオススメ。冷蔵庫でキンキンに冷やしておいて、台湾リゾート気分に浸りながら上質な一杯を存分に楽しんでみてください!

●DATA

紅茶ラガー

期間:2021年7月27日(火)〜
販売:全国の『ローソン』及び『ナチュラルローソン』(店舗により取扱いのない場合あり)
酒類:発泡酒(アルコール度数3%)
https://www.lawson.co.jp/

関連記事(外部サイト)