全国の食いしん坊が選ぶ! 頭に浮かぶと無性に食べたくなる悪魔のラーメン

全国の食いしん坊が選ぶ! 頭に浮かぶと無性に食べたくなる悪魔のラーメン

『自家製麺No11』の「豚増しラーメン」 | 食楽web

 “頭に浮かぶと無性に食べたくなる食べ物=無性メシ”シリーズも4回目。前回は“無性に食べたくなる魅惑のインスタント麺”をご紹介したところ、おかげさまで大きな反響がありました。人がハマっている食べ物の話を聞くのは、やっぱり楽しいですよね。

 そのこの“無性メシ”シリーズで「ラーメン編」を特集してほしいという声が多く挙がったため、今回は、食いしん坊たちに“無性に食べたくなる悪魔のラーメン”をアンケート。さっそくご紹介していきましょう。

鶏白湯から煮干しそば、激辛麺まで、至極のラーメンが勢揃い

中野『鶏白湯ラーメン麺匠ようすけ』の「濃厚白湯鶏そば」(塩)800円

中野『鶏白湯ラーメン麺匠ようすけ』の「濃厚白湯鶏そば」(塩)800円

●40歳・女性・医療従事者・長崎県出身
中野『鶏白湯ラーメン麺匠ようすけ』の「濃厚鶏そば」は、数ある鶏白湯ラーメンのなかでも濃厚。でもくどくなくて鶏のコクと甘味が効いていて、ご飯を混ぜて食べるとより最高!

●44歳・男性・販売・和歌山県出身
東京ではお馴染み『幸楽苑』の「中華そば」。関西在住なので、出張で関東方面に行ったときに必ず食べます。いつも注文するのは「中華そばプレミアム」は700円。安いのに、長〜いチャーシューが3枚も入っていて、とろけるように柔らかくて美味しい

●49歳・男性・公務員・東京都出身
無性に食べたくなるのはダントツで二郎系。なかでもが下板橋にある『自家製麺No11』の「豚増しラーメン」はヤバいです(冒頭の画像参照)。ワシワシした硬めの太麺、クタクタの野菜、濃厚な豚骨スープ。食べている間中、幸福。この時間が終わらないで欲しいと思うくらい。でも店を出たら、腹パンパン。なのに翌日にはまた食べたくなる。完全に“No11中毒”です

●24歳・女性・事務職・東京都出身
辛党ということもあり、『蒙古タンメン中本』は週1で食べている。なかでも「北極やさい」は中毒になるくらい好き。濃いめの味噌味、ニンニク・トウガラシで、コク&パンチが尋常ではない。汗をかきながら食べるのが幸せ

●55歳・男性・出版関係・東京都出身
大井町の『麺屋 凛(のスた)』。この店は、太麺の二郎系もあるけど、僕は細麺の「守 細麺 醤油」が好き。これは、神保町にあった半チャンラーメンの名店『さぶちゃん』を彷彿させる優しい味。『さぶちゃん』も食べたい…

●42歳・男性・会社員・宮城県出身
以前、高田馬場にあった、つけ麺で有名な『べんてん』の「塩チャーシューラーメン」。成増に移転してからあまり行けないけど、思い出すと無性に食べたくなります

●49歳・男性・塾講師・山口県出身
たまに無性に高田馬場の『末廣ラーメン本舗』の真っ黒い醤油ラーメン、真っ黒いヤキメシを食べたくなる。若い時は両方とも注文して食べてたけど、今は、ヤキメシは1/2に減らすようになった。歳だな…

高田馬場『末廣ラーメン本舗』の「ラーメン特盛」

高田馬場『末廣ラーメン本舗』の「ラーメン特盛」

●22歳・男性・学生・埼玉県出身
朝霞にある『ジャンクガレッジ』(※埼玉県ふじみ野市や羽生市にもある)のラーメンが好きです。トッピングのヤサイ、ニンニク、アブラはゼロ円なので、僕は、「野菜ダブル、ニンニク・アブラトリプル」で注文します。旨みが凝縮されたスープと醤油ダレにニンニク&アブラの強烈な破壊力。さらに大量のモヤシやキャベツ。もはや峻険な山を登るような覚悟で挑む。その感じもまた好きです

●38歳・男性・会社員・神奈川出身
若いときから食べていた『六角家』のラーメン。本店や支店も閉店してしまったので、今、残っている戸塚店に車でわざわざ食べに行っています。獣感の強い豚骨スープと、コシの強い麺。また食べたくなってきたので、今から行ってこよう

天下一品に二郎などヤミツキ系はハズせない!

『天下一品』のこってりラーメン

『天下一品』のこってりラーメン

●41歳・女性・美容関係・東京都出身
美味しいラーメンは数あれど、私にとっては断然、『天下一品』のこってりが最強に無性度が高い。あの味はやっぱり唯一無二。名前を耳にするだけで食べたくなります。最近は「赤ん粉」(ハバロネ種、天鷹種、韓国種、山椒、黒胡椒のパウダー)を入れた「赤んこってり」(840円)どハマリ中

●32歳・男性・会社員・奈良県出身
『彩華ラーメン』(奈良・大阪・兵庫・京都・愛知に展開)の「サイカラーメン」は、ずっと食べているので、実家(奈良)に帰ると無性に食べたくなります。白菜や豚肉、ニラ、人参などがどっさりのっていて、その下に醤油ダレとニンニクが効いたスープ、さらに辣醤で辛味がついている、奈良を代表するスタミナラーメンです。ちなみに、小(麺1玉)と大(麺2玉)がありますが、僕はいつも大。丼もでかくて迫力もあり、まさにスタミナ王といった感じ。コロナ禍で実家になかなか帰れないので、今まさしく無性に食べたい

●47歳・男・メディア関係・宮城県出身
梅田の『揚子江ラーメン 林記』の「ラーメン」。ふだんラーメンは食べないが、ここの「ラーメン」は梅田のパブで飲んだあと習慣のように食べていたので、思い出すと食べたくなる

●33歳・男性・消防士・神奈川県
横浜市緑区の中山駅にある『ラーメンショップ さつまっ子スペシャル21』 の「スペシャルラーメン」が定期的に食べたくなる。油膜が張ったスープに焦がしネギがたっぷり入っていて、風味がよくて後をひく。シャキシャキのモヤシ、ヌルヌルのわかめ、海苔はパリッパリ、そして分厚いチャーシューはふんわり柔らかい。麺は固めをコールしておくと最高。ちなみにライスを注文するとキムチ納豆がサービスされるのもGOOD!

●41歳・男性・保育士・大阪府
大阪の梅田にある『ラーメン2国』の名物「チャーシュー麺」。豚骨スープにチャーシューが丼からはみ出すほど敷き詰められていて、その上にもやしやネギなどの野菜、下に麺という構成。これで920円という安さはすごいと思う。チャーシューは厚すぎず薄過ぎず、肉の旨みたっぷり。ちなみに、ここの「牛スジキムチ丼」も旨い

●54歳・女性・音楽関係・埼玉県出身
下北沢にある『麺と未来』。オープン当初に食べて以来、これ以上美味しいと思えるラーメンが出てくるのだろうかと思ったくらい好き。とくに「海老塩雲呑麺」をリピートしていますが、うどんのような極太モチモチの手打ち麺といい、滋味深いスープといい、ぷりぷりの海老ワンタンといい、ラーメンというより、料理としてパーフェクトな一品だと思っています

『麺と未来』の「海老塩雲呑麺」

『麺と未来』の「海老塩雲呑麺」

●19歳・男性・学生・兵庫県出身
無性メシといえば、やっぱり『二郎』。頭をよぎったらいてもたっても居られないほど食べたくなる。僕は荻窪店が近いのでよく行きます。だいたい「豚増し」のニンニク・脂のコール。あのとろりとした脂、ど迫力のチャーシュー。ぶっとくてシコシコ硬めの麺。マイルドから始まり、濃厚な豚のエキスでパンチが増す。“二郎劇場”は、間違いなくクセになる

●44歳・男性・会社員・東京都出身
名古屋に転勤してからよく食べるのは、名古屋駅近くの『らーめん本郷亭 名駅店』の「白湯ラーメン」です。濃厚ゴマ風味の、クリーミーでとろりとして臭みがない豚骨塩味スープ。こってりしているのに後味がさっぱりしているのがイイ。チャーシューも厚切りでやわらか。名古屋に転勤になって良かったと思えるのは、ここのラーメンに出合ったからかもしれない

●25歳・女性・パート・東京都出身
今年6月にオープンしたばかりの東京・浅草の『坦々麺 一龍』にどハマリしています。他にはあまりない「濃厚海老担々麺」は、海老の旨みとゴマの風味とクリーミーさに感激。極細麺がスープをしっかりキャッチしていて、これまでに食べた担々麺の中でダントツ旨い! と思っています。ちなみに、最近ここで食べた「冷やし担々麺」も美味しかった。個人的には海老担々麺が激推しです

担々麺や家系ラーメンにもどハマリする人多し

『元祖ニュータンタンメン』の「タンタンメン」

『元祖ニュータンタンメン』の「タンタンメン」

●42歳・男性・新聞社勤務・青森県出身
『元祖ニュータンタンメン本舗』は、勤務先の近くにあるので、週1で通っています。いわゆるゴマダレ系の担々麺でもないし、本場四川系でもない唯一無二の味。豚ガラスープのさっぱりした味と、モチモチの麺、ニンニク、玉子とじ。何がニューなのかは謎だが、自分の中では最高の担々麺だと思っています

●38歳・男・会社員(メディア関係)・長崎県出身
『東京油組総本店』の油そばは、転勤先の東京で出会ったお店。昔は週に3回ほど食べに行っていた。長崎に戻ってきて食べられないので、非常に恋しい

●27歳・男性・ホテル勤務・静岡県出身
『日高屋』は僕の日常食です。メニューはいろいろあるけど、僕がリピートしているのは「野菜たっぷりタンメン」(520円)。さっぱりしていて、ラーメンを食べたというよりも、温野菜を食べていると思うくらいヘルシー。一人暮らしの僕にとって、無性に食べたくなるのはもちろん、栄養バランスがとれるお助けメニューでもあります

●35歳・女性・広告関係・名古屋出身
ラーメンではないが『麺屋はなび』の「台湾まぜそば」。唐辛子とニンニクの聞いたミンチ肉と、生のニラ、魚粉、ネギと、極太のもちもち麺が絡まって、たまりません。本店は名古屋だけど、今ではいろいろな場所に支店があるので、かなりの頻度で食べています

●33歳・女性・飲食業・大阪府出身
『らーめん せい家』は、多いときには週4で通ってました。豚骨醤油スープの王道家系ラーメンです。基本は太麺ですが、細麺に変更可能。私はいつも細麺硬めオーダー。硬麺が好きというより、途中から麺が程よい柔らかさになっていくのが美味しいから。トッピングはシンプルにほうれん草、海苔、チャーシュー。ほうれん草を海苔で巻いて食べるのが美味。今はそこまでの頻度ではないが、頭に一度浮かぶとこのラーメン欲は『せい家』でしか埋められません

●34歳・女性・ライター・北海道出身
私の無性ラーメンといえば、なんといっても『ラーメン山岡家』です。それも「特製味噌ネギチャーシュー麺」一択。コールは普通・硬め、濃いめ。さらにネギ追加。ライスもオーダーして卓上の豆板醤で味付けします。麺は硬めでぷりっぷり。極旨のスープに浸したネギがよい働きをしてくれて、豆板醤ライスにのせて食べるのも最高です

●35歳・男・建築関係・東京都出身
本郷三丁目『我流担々麺 竹子』の「辛い担々麺」。昔、本郷三丁目で働いていたときに通っていた担々麺屋さんです。ほかに美味しい担々麺は多くあるが、ここのはなぜかクセになる味。ゆで卵が3つまで無料だったり、行く度に次回50円無料券がもらえたりするのでついつい足が向く。今でも本郷に行くと必ず竹子に行きます

『竹子』の「辛いタンタンメン」

『竹子』の「辛いタンタンメン」

●46歳・女性・旅行代理店・東京都出身
『九州じゃんがら』の辛い豚骨ラーメン「からぼん」が好きすぎる。濃厚なとんこつスープにスパイスが入っていて、ただ辛いだけではない複雑なスパイシーさが最高。20代のときに食べて以来、定期的に行くお店。今でも原宿店に行って時々食べています

●24歳・男性・会社員・東京都出身
『ラーメン二郎』。なぜだかわからないが、月に一度は無性に食べたくなる。しかし極度の膨満感のため食べ終えてから必ず後悔する……

●21歳・男性・学生・千葉県出身
我孫子にある『環七ラーメン てらっちょ。』のギトギト背脂ラーメンは、中毒性がヤバい。食べ終わると「もう二度と食わない」と思うのに、いまだに再訪を繰り返している。ちなみに「特製ラーメン」の太麺・バリカタ・背脂は普通、あとライスを注文する。前回、背脂Wを食べたら、スープはほんのちょっとでほぼ脂だったので、「次は普通にしよう」と思ったが、またWを食いそうな自分が怖い

●35歳・女性・薬剤師・福島県出身
笹塚にある1951年創業の『ラーメン福寿』の「ラーメン」。学生時代によく食べていました。今も近所に住んでいるので、たまに無性に食べたくなります。鶏ガラスープと醤油の旨みと甘味がじわり来る。具材はネギ、メンマ、チャーシュー、もやしと必要最低限なんだけど、毎回食べる度に「コレでいいんだよ、コレで!」って思ってしまいます

●42歳・男性・会社員・東京都出身
東京小平市にある『ら〜めんにんにくや小平店』。知る人ぞ知る行列店です。背脂が載っていてもあっさりしていて、コクのあるスープ。生にんにくをクラッシュして味変するのがいい。週末、よく家族で行きます

豚増しラーメンに博多ラーメンも無性に食べたい!

江古田の『五十三家』の「のり玉チャーシューらーめん」

江古田の『五十三家』の「のり玉チャーシューらーめん」

●21歳・女性・大学生・千葉県出身
江古田の『横浜家系らーめん五十三家』。大学の近くにあるので、よく食べます。家系ですが、ここはこってりしつつも臭みがなく、クドさもないので食べやすいです。最近は大学に行く頻度が減ったのですが、ここのラーメンを食べるため江古田に行こうと思うくらいです

●43歳・男性・飲食店・東京都出身
高円寺『はやしまる』の「塩わんたん麺」。丁寧に作っているのがよくわかる。塩ラーメンやワンタン麺の類を他の店で食べることもあるけど、やっぱり『はやしまる』が上だなと思ってしまう

●48歳・男性・会社員・福井県出身
やっぱり『8番ラーメン』の「野菜らーめん」の味噌が自分的には最強。石川、福井、富山、長野、愛知にある歴史あるチェーン店だけど、意外と東京の人は知らない。子供のころから食べていたから、思い出すと無性に体が欲し始める

●31歳・女性・旅行代理店・埼玉県出身
永福町『大勝軒』系列のお店として有名な、埼玉・毛呂山にある『大海軒』の「ワンタン麺」。縮れ麺はデフォで1.5玉。そしてワンタンは10個入ってボリューミーですが、私(女性)でもペロリといけます。とくにここのワンタンは、薄皮でチュルチュルしていて美味。スープも煮干しと動物系のダシが効いた醤油味で、とても美味しいです

●47歳・男性・メディア関係・宮城県出身
梅田の『揚子江ラーメン 林記』の「ラーメン」。ふだんラーメンは食べないが、ここの「ラーメン」は梅田のパブで飲んだあと習慣のように食べていたので、思い出すと食べたくなる

●52歳・女性・美容師・東京都出身
お客さんに美味しいよと紹介されて行ったら、ハマったのが荻窪にある勝浦タンタン麺が人気の『ビンギリ』さん。辛くて痺れて、しっかりコクがある。3年前から通い続け、いまも月1は食べてます

荻窪『ビンギリ』の勝浦タンタンメン

荻窪『ビンギリ』の勝浦タンタンメン

●44歳・男性・営業職・山口県出身
やっぱり『一蘭』かな。ちょっと高いけどたまに食べたくなる。いろんな場所にあるし、どこのお店でも安心して食べられるので、つい足が向く。個人的には辛味2倍で、替え玉じゃなくライスを選ぶ。あのとんこつスープにご飯をドボンと入れて食べるのがたまらなく旨いので…

●43歳・男性・会社員・埼玉県出身
無性に食べたくなるといえば、西池袋にある『中華そばしながわ』の「煮干しそば」です。1度食べると、もう、他の煮干しそばじゃ満足できない。煮干しと背脂の旨みのハーモニーは思い出すだけでヨダレが口内に溢れてくる

『中華そばしながわ』の「煮干しそば」

『中華そばしながわ』の「煮干しそば」

●28歳・男性・会社員・埼玉県出身
埼玉県三芳町にある『チャーシュー力V3三芳店』の「豚さそり味噌」。こってりの背脂スープに、柔らかいチャーシュー、コーン、黒ゴマ。ニンニク生姜も効いていてパンチがあって、クセになる

●54歳・男性・放送関係・福岡県出身
博多のソウルフード『元祖 長浜屋』。呑んだ後の〆ラーメンの定番。もう食べ始めて30年以上になるが、あのライト感覚の豚骨スープは慣れ親しんだ味で、お腹にも心にしみる。ただ他県の人に紹介すると、意外とあっさりしているからか、イマイチと言われたりすることも。いや、他県のとんこつがコテコテすぎるだけですから…

●46歳・女・アルバイト・三重県出身
ラーメンじゃないけど東小金井『中華料理 宝華』の「油そば」。東小金井まで電車でわざわざ行くほどハマってしまった。あっさりスープに太めの麺、肉厚のチャーシュー、カイワレがいい

●43歳・男・飲食業・東京都出身
京都『本家 第一旭本店』のラーメン。京都で飲んでいると無性に食べたくなるラーメン。べろべろに酔った状態でしたが、初めて食べた時に震えるほど美味しく感じました。インパクト大

●47歳・男・パーソナリティ・鹿児島県出身
佐賀『井手ちゃんぽん』のちゃんぽん。佐賀県武雄市にあるこだわりちゃんぽん屋さんです。もやし山盛りで噛みごたえのある麺、豚骨ベースのスープも最高です。井手ちゃんぽんではありませんが、福岡の『魁龍ラーメン』、久留米の『大龍ラーメン』も濃厚豚骨スープに中麺とメンマが旨く、たまに食べたくなります

(構成・土原亜子)

関連記事(外部サイト)