飯田橋・東中野・浅草橋…デカくて旨いJR総武線沿いの「デカ盛りグルメ」5選

飯田橋・東中野・浅草橋…デカくて旨いJR総武線沿いの「デカ盛りグルメ」5選

食楽web

 三鷹から千葉まで、39駅を結ぶJR総武線。黄色い電車の駅近には、大盛り、山盛り、デカ盛りグルメの店が点在しています。大盛りの聖地といえば秋葉原や新小岩、錦糸町などが有名ですが、今回はそこ以外。都内にある総武線の駅から行ける、デカ盛り料理5つをあえて紹介します!

【飯田橋駅】トッピングが山盛りで麺が見えない!『俺流塩らーめん 神楽坂店』の「超男盛りつけめん」

「超男盛りつけめん」1100円。トッピングも多いが味変アイテムも多い! だからホント食べ飽きない!

「超男盛りつけめん」1100円。トッピングも多いが味変アイテムも多い! だからホント食べ飽きない!

 特製塩ラーメンや熟成塩ラーメンを、卓上にあるさまざまなトッピングでアレンジし、自分好みにカスタマイズできる『俺流塩らーめん 神楽坂店』。トッピング満載、大ぶり丼に入った麺とつけ汁はど迫力。トッピングは唐揚げ3個、揚げ餃子3個、味玉1個にチャーシュー2枚、メンマ、ホウレンソウ、白ネギ、ゆず。計測したところ、麺のほうの丼が919g、つけ汁が367g(ともに器の重さを除く)。トータル約1.3kg。唐揚げと揚げ餃子の存在感が、実際の重さ以上にストロング感をかもし出しています。

 つけ汁は鶏白湯ならではの白く濁った汁。もちろん塩ベースです。中太のちぢれ麺は1人前、茹でる前で360g。俺流にアレンジできる卓上のトッピングは、岩のり、とろろ昆布、梅、柚子胡椒、俺流ラー油、俺流マーにんにくなど多種類あり、人気のトッピングは岩のりととろろ昆布。締めの割りスープまで楽しむと、トータル1.5kgぐらいのボリュームになること決定です。

→もっと詳しく知りたい人はこちら!(過去の紹介記事)

●SHOP INFO

俺流塩らーめん 神楽坂店外観

店名:俺流塩らーめん 神楽坂店

住:東京都新宿区神楽坂2-11 第83東京ビル1F
TEL:03-3266-1050
営:10:00〜翌6:00 ※スープがなくなり次第終了
休:なし

【東中野駅】ラーメン&鉄板焼きに大盛りゴハン!『大盛軒』の「ビッグ鉄板麺」

「ビッグ鉄板麺」1440円。鉄板焼きに半ラーメン、丼ゴハン、生卵、ニンニクチップ、お新香つき

「ビッグ鉄板麺」1440円。鉄板焼きに半ラーメン、丼ゴハン、生卵、ニンニクチップ、お新香つき

 東中野駅を降りて約10歩? と思えるほど駅近にある『大盛軒』。「鉄板麺」とは、鉄板焼き+半ラーメンのことで、半ラーメンをつけない場合は「○○○鉄板焼きライス」と注文するのがこの店のルール。そして、複数ある鉄板麺のメニューで一番ボリュームがあるのが肉、ライス、麺すべて大盛の「ビッグ鉄板麺」です。

 山盛りのゴハンは高さ12cm、重さは506g、ラーメンは743g、鉄板焼きは363g(すべて器の重さを除く)。トータル1612g。ちなみに、メニューには食べ方も紹介されています。1・鍋(鉄板)の中央にくぼみをつける。2・生卵を割りいれる。3・カリカリニンニク、タバスコをどばーっとかける。4・素早くかき混ぜる。とのこと。地元在住・在勤の人はもちろん、場所柄、芸人さんもよく食べにくるという、東中野で30年以上愛され続けているソウルフードですよ。

→もっと詳しく知りたい人はこちら!(過去の紹介記事)

●SHOP INFO

大盛軒外観

店名:大盛軒

住:東京都中野区東中野1-51-1 村上ビル 1F
TEL:03-3371-5743
営:11:00〜22:00(L.O.)
休:なし(年末年始のみ)

【浅草橋駅】カレーもハンバーグもオムライスも!大人の夢が詰まった『リトルヤミー』の「オムカレー」全乗せ

とろける「牛スジチーズオムライス」特盛&全乗せ税込3840円。一皿に乗りきらないので別皿にトッピング

とろける「牛スジチーズオムライス」特盛&全乗せ税込3840円。一皿に乗りきらないので別皿にトッピング

 トッピングが充実しているカレー専門店で一度はやってみたい「全乗せ」に挑戦したらどうなるか。ゴージャスすぎる大人のお子様ランチになったのが、浅草橋にある人気カレー店『リトルヤミー』の「牛スジチーズオムライス」特盛&全乗せ。「とろける牛スジチーズオムライス」(1290円)に特盛+200円。炙りチーズ150円、辛いキーマ肉250円、柔らかい角煮350円、ソーセージ5種のせ350円、ハンバーグ500円、野菜400円をトッピングでプラス。もはや一皿で乗り切らない状態に。

 直径27cmのお皿にオムカレー、直径25.5cmのトッピングだけの皿。重さはトータルで1920g(両方の器の重さを除く)。ほぼ2kgのボリュームになります。オムライスの卵は、フワッフワでとろっとろで、頂上にある辛いキーマ肉と合わせて口に入れたら溶ける! うっとりするほどのトロトロ&エアリー感です。牛100%ハンバーグは肉みっちり、角煮もしっとりとろとろ、ソーセージはプリップリと、食感の違いも楽しいし、牛スジの旨みが凝縮したカレーも絶品。自分にご褒美とか、今日は贅沢するぞ〜って日に全乗せ特盛オムカレー、いかがでしょうか?

→もっと詳しく知りたい人はこちら!(過去の紹介記事)

●SHOP INFO

リトルヤミー外観

店名:リトルヤミー

住:東京都台東区柳橋2-3-2
TEL:03-5846-9234
営:11:00〜21:30(L.O. 21:00)
休:日曜、祝日

【水道橋駅】古書店巡りや後楽園の後でデカ盛り!『ラーメンぽっぽっ屋 水道橋店』の「らーめん大盛りマシマシ」

「らーめん」760円+大盛り100円にトッピング全部マシマシ。早く食べないと汁が溢れる〜!

「らーめん」760円+大盛り100円にトッピング全部マシマシ。早く食べないと汁が溢れる〜!

 水道橋駅から徒歩5分ほどの場所にある『ラーメンぽっぽっ屋 水道橋店』。「らーめん」760円+大盛り100円にトッピング全部マシマシは、直径21cmの丼に高さ約18cm、重さは2042g(器の重さを除く)。麺は極太、縮れ・てもみ麺で、大盛りだと茹で前350g。スープは豚骨、タレはしょうゆ、具はもやしキャベツに粗みじん切りのタマネギ、チャーシュー、キクラゲ、ニンニク。もちろんもやしキャベツの上には背脂たっぷり。

 スープは最初に醤油のスッキリ、後からじわっと濃厚な豚骨の美味しさが口の中に広がります。背脂たっぷりなのもあり、熱い! 極太麺はモッチモチかつ歯ごたえのある太さと硬さなので、熱い豚骨醤油スープと好相性! 希望者には取り皿を出してくれるので、野菜を移動してから麺と平行で食べ進めていくのがオススメです。終盤は背脂が溶け出し若干ドロドロになるけれど、ほんのり甘く、コク深い美味しさに変化していきました。

→もっと詳しく知りたい人はこちら!(過去の紹介記事)

●SHOP INFO

ラーメンぽっぽっ屋 水道橋店外観

店名:ラーメンぽっぽっ屋 水道橋店

住:東京都千代田区神田三崎町2-21-11 ゑびすビル 1F
TEL:03-5211-8556
営:11:00〜22:30、緊急事態宣言、まん防期間中は〜20:00(L.O.各30分前)
休:なし

【浅草橋駅・馬喰横山駅】問屋街で働く人の胃袋を支える『熊公』の「野菜ジャージャー麺(大盛り)」

「野菜ジャージャー麺」880円+大盛り150円。1日分の野菜、一食で摂れる気がする高さ16cm

「野菜ジャージャー麺」880円+大盛り150円。1日分の野菜、一食で摂れる気がする高さ16cm

 最寄駅は都営新宿線の馬喰横山ですが、浅草橋駅からも徒歩圏内にある『熊公』。昔から地元で働く人たちに根強いファンが多く、リタイアしてからもその味が恋しくなって食べに行く人がいるという、伝説のジャージャー麺の店です。「極上ジャージャー麺」(880円)、「ワンタンジャージャー麺」(780円)、「豆腐ジャージャー麺」(780円)など様々なジャージャー麺があり、いずれも大盛りは+150円で注文可能。ですが、その大盛りっぷりが半端ない!

「野菜ジャージャー麺」の大盛りは、直径28cmの大皿。高さは約16cm、そして重さは2116g(器の重さを除く)。野菜が大盛りなので、みた感じはもっとボリュームがあるように見えます。こんなに大盛りなのに、880円+150円の、1030円。良心的すぎる価格。

 もやし、きゅうり、トマト、レタス、キャベツ、コーン、玉ねぎなどが溢れんばかりに盛られ、もはやパーティー? ブッフェ? といった状態。店を切り盛りするママさんの、若い人に野菜を食べて欲しいという気持ちが、大皿から溢れんばかりに盛り付けられた約2kgの山です。卓上には肉味噌のツボが置いてあるので追加投入可能。締めに出してくれるコーヒーゼリーで心和む、大盤振る舞いのジャージャー麺ですよ。

→もっと詳しく知りたい人はこちら!(過去の紹介記事)

●SHOP INFO

熊公外観

店名:熊公

住:東京都中央区日本橋馬喰町2-5-11
TEL:03-3663-8955
営:11:00〜14:30、17:00〜19:00
休:土曜、日曜、祝日

 今回紹介した5つの他にも、大盛りの聖地秋葉原や新小岩、錦糸町などデカ盛りを出す店は総武線沿線にまだまだいっぱい! 緊急事態宣言が終わって自由に外出できるようになったら、ぜひ途中下車して、デカ盛りを楽しんでみませんか?

(取材・文◎いしざわりかこ)

※緊急事態宣言期間中は営業時間が〜20:00まで、まん防期間中も営業時間の短縮・変更などがあります。また、メニューや値段は変更する場合があります。

関連記事(外部サイト)