杉並区の人気鮮魚店「魚耕」が作ったサバ缶「サ・バイブス」がめちゃくちゃ美味しい理由

人気鮮魚店「魚耕」が作ったサバ缶「サ・バイブス」がめちゃくちゃ美味しい理由

「サ・バイブス」(300円) | 食楽web

 鮮魚といえば、いまやスーパーで買うのが当たり前の時代ですが、やっぱり理想は目利きのいる近所の魚屋さんで買うこと。ちなみに杉並区在住の筆者が絶大なる信頼を置いているのが荻窪の『魚耕 本店』です。

 ここは昔ながらの魚屋さんのように、店員さんが元気いっぱいに声を上げて魚を売っている活気ある鮮魚専門店。豊洲市場のみならず、全国各地の漁港・市場から届く新鮮な魚がずらりと並んでいるので、季節ごとにいち早く旬の魚を買うことができるんです。もちろん、どれを買ってもハズレ無し。

 そして先日のこと。筆者がいつものようにテンション高くお魚を選んでいる時、ふと面白い缶詰を見つけたのです。それがこれ、「サ・バイブス」(300円)というサバ缶です。サバにひっかけたネーミングなんでしょうが、ちょっと不思議。しかも謎のインド人らしきキャラがサバを持っているのもクスリと笑えます。

POPには「9種のスパイスで煮込んだサバ缶」とあります

POPには「9種のスパイスで煮込んだサバ缶」とあります

 今や空前のサバ缶ブームで、いろんなところでサバ缶を見かけますが、あまりに種類が多すぎて買わずに通り過ぎることも多いのですが、『魚耕』が開発したサバ缶となると話は別です。前述したように絶大なる信頼を寄せている筆者は、ためらうことなく購入。そして家に帰ってすぐに食べてみたところ、これが期待を裏切らない本格的なスパイス感あふれる逸品でした。というわけで、その味わいをご紹介しましょう。

前代未聞のサバのスパイシーさに悶絶!

缶のフタを開けたところ

缶のフタを開けたところ

 缶を開けてみると、身の厚いサバの切り身が2切れほど入っていて、箸で持ち上げるとコリアンダーの香りがふわ〜っと充満しました。なんとかぐわしい香りでしょうか。ちと感激してしまいます。

 食べてみると、これがまた旨いっ! サバのジューシーさ、そこに香り高いスパイス使い。なかなかキレのある辛さで、サバの旨味をスパイスが存分に引き立てています。カレー専門店のような本格的なスパイスの使い方を感じます。白いご飯にのせて食べたらおかわりが止まらなくなってしまいました。もちろん、ビールやワインのアテにも最高ではないかと思います。

身の厚い鯖。臭みは一切ありません!

身の厚い鯖。臭みは一切ありません!

 で、美味しいのはいいのですが、ふと、なぜ魚屋の缶詰がこんなに本格的かつスパイシーなんだろう? という疑問が湧いてきました……そこで、『魚耕』さんに聞いてみることに。答えてくれたのは、「サ・バイブス」開発を担当した佐藤さん。

「この缶詰は、中目黒のインドカレー専門店『VIBUS CURRY(バイブスカレー)』の店長BKさんと共同開発しました。スパイス使いが得意なお店なので、サバの美味しさを引き立てるために試行錯誤してもらい、その結果、9種類のスパイスを使って仕上げてくれました。なかでもサバによく合うコリアンダーは、香りが飛ばないようにと、パウダースパイスではなくホールスパイスを使っているんですよ。魚耕の目利きを活かした国産のジューシーなサバにとてもよく合うスパイスだと思っています」(佐藤さん)

 なるほど! サバの美味しさはもとより、スパイス使いが本格的なわけがよくわかりました。ところで、「サ・バイブス」という変わった名前についても聞いてみると、

「“サバイブ”=生き残る、バイブス=バイブレーション(震える、振動する)というような意味合いです。コロナ禍の今、人生をサバイブしている現代人の心を熱くバイブレーションさせる一品を、という願いを込めてBKさんと一緒に名付けました」(佐藤さん)

 実は深く考えられたネーミングだったんですね。ともあれ、この「サ・バイブス」はかなりオススメです。東京や埼玉県にある『魚耕』の各店舗はもちろん、楽天市場でも購入できるので、サバ缶好きの方はぜひ食べてみてください。

(撮影・文◎土原亜子)

●DATA

サ・バイブス

https://item.rakuten.co.jp/uoko-ec/2021002/

関連記事(外部サイト)