鳥取で予約必須の超個性派カレー店『カジカリー』の絶品カレーを食べに行ってきた!

鳥取で予約必須の超個性派カレー店『カジカリー』の絶品カレーを食べに行ってきた!

食楽web

 高級寿司、高級フランス料理、高級クラブなどでは「完全予約制」などがよくありますが、カレー屋さんで同様の営業を行うお店は全国的に見てもかなり少ないと思います。さらに「1日30食限定」「曜日限定」「昼のみ営業(11時〜/12時〜/13時〜の3部制)」と、さらなる限定感を打ち出した、全国的に見ても「ここしかないのではないか」と思える限定的カレー店を鳥取で見つけました。

 その名も『カジカリー』。地元はもちろん、他県からもこの店のカレーを目当てに訪れる人がいるそうで、2020年夏のオープン以来、カレーファン注目の店となっているようです。このある意味「挑戦的」とも思える営業形態、そしてその味がどうしても気になり、東京から鳥取まで食べに行ってみることにしました。

まるでコース料理をいただくかのような、過不足のない丁寧な説明

「カジカリー」店主・梶川哲秀さん

「カジカリー」店主・梶川哲秀さん

 JR鳥取駅から約300メートルと徒歩圏内にある『カジカリー』は、古いテナントを改装した、あえての無骨なオシャレな外観です。あらかじめ予約した時間通りに入店すると、柔和な笑顔で紳士的ではあるものの、強いこだわりがありそうな面持ちの店主・梶川哲秀さんがお出迎え。レディーファーストとして、同じ時間に予約している女性客を優先的にカウンターへの着席を促し、その後筆者も梶川さんに言われるがまま着席することになりました。皆が座ったところで、梶川さんからのご挨拶を受けます。

「本日はお越しいただきまして、ありがとうございます。当店では完全予約制のカレー屋としてやらせていただいています。『季節限定メニュー』をご提供させていただいており、だいたい今の時期1ヶ月半〜2ヶ月くらいの旬の食材を変えながら、カレーにして提供させていただいております」(カジカリー店主・梶川さん)

 過不足なく、かなり丁寧な接客対応は大衆メニューであるカレーを扱う店とは思えないほどですが、店内にはいかにもうまそうなスパイシーな香りが漂います。筆者は「カジランカリー」という「レッドカリー」、「イエローカリー」の2種盛りをオーダー。梶川さんの解説の通り、このカレーは季節で変わる期間限定のもので、取材時は2種盛りで1790円。そのときどきで値段は変わるようです。

調理中も客を楽しませるように様々な話をしてくれる梶川さん

調理中も客を楽しませるように様々な話をしてくれる梶川さん

 カレーの内容は季節によって異なるようですが、取材時の「レッドカリー」には生キクラゲを使ったもの。「イエローカリー」は、鳥のキーマとなっているもの。さらにスパイス角煮というホロホロのお肉と合わせていただくようですが、そこにそえられるご飯がこれまた意外なものでした。

「本日はすだちご飯に合わせてお召し上がりいただきます。すだちご飯とは、すだちの名産地・徳島では、すだちをみじん切りにし、炊き上げたご飯に濃い口醤油と鰹節を一緒に混ぜ合わせて食べることが多いです。このすだちご飯の酸味・爽やかさが、当店のスパイスカレーとの相性が良く、また当店のルーツとなるスリランカカレーでも『ライムを絞って食べる』といういただき方をしますので、これにならってすだちご飯にさせていただきました」(カジカリー店主・梶川さん)

 これらのカレーをいただく際の「お皿」は、厨房奥に飾られた地元の民藝作家さんによる複数の高級皿の中から客が指定したものに盛り付けてくれるとのこと。ここまでの梶川さんの挨拶・解説と相まって、さながら体験型エンタテインメントのような雰囲気です。

個々の味を混ぜていただくと、三位一体となり、より複雑な味に!

彩り・ボリューム感も十分の「カジランカリー」

彩り・ボリューム感も十分の「カジランカリー」

 メニューとお皿をオーダーすると、無駄がない動きで調理を始めます。店内にはやや緊張感が走りますが、梶川さんはここでもまた先ほど聞いた「すだちご飯」の香りを嗅がせてくれたりと、むしろ場の空気を和ませてくれるような、気さくな対応をしてくれます。

オーダーから数分後、ようやく「カジランカリー」が筆者の前にサーブされました。その彩り、ボリューム感ともかなりオシャレでインパクトのあるものでした。

 さっそく「レッドカリー」からいただきます。オイリーである一方、複雑に入り混じるスパイスブレンドがまさに絶品。そして冒頭の梶川さんの解説にもあった生キクラゲの食感との相性も面白く、結構クセになる味。

レッドカリーに合えられた生キクラゲと、イエローカリーの鶏肉のキーマ

レッドカリーに合えられた生キクラゲと、イエローカリーの鶏肉のキーマ

 また、イエローカレーのほうは、鶏肉のキーマで、肉の柔らかさから言ってかなり丁寧に煮込まれていることが素人の筆者でもよくわかりました。

ホロホロのスパイス角煮がこれまた絶品!

ホロホロのスパイス角煮がこれまた絶品!

 さらに、その真ん中に乗せられたスパイス角煮もこれまたホロホロで、食べ応え十分。これら個々でも十分美味しいのですが、さらに混ぜ合わせていただくと三位一体となり、より複雑かつダイナミックな味になりました。もちろん、これらのカレーのパンチに対するすだちご飯のサッパリとした風合いの相性も抜群であり、味のバランスがかなり緻密に計算された味だとなりうまい!

並行して行う洋服屋の仕事との兼ね合いと、客の不満ができるだけ出ないようにするため、この営業スタイルに

『カジカリー』外観

『カジカリー』外観

 このうますぎる「カジランカリー」をいただきながら、梶川さん本人に話を聞いてみました。「完全予約制」「営業時間限定」などには理由があるそうです。

「もともと私は洋服屋をやっていました。新型コロナ以前は、洋服の展示会などの出張で年に10〜15回、東京や福岡に出向いていましたが、カレーが大好きで、その度に各地のカレーを食べ歩いていました。『カレー屋をやりたい』という思いはありましたが、まだ洋服屋のほうが当初思い描いていたカタチではなかったので、まずはそこに集中し、ようやく安定したところで、この物件をお借りする機会に恵まれ改装をし、オープンしました。

『完全予約制』『曜日限定』『昼限定』にしたのは、私自身がワンオペでご提供させていただくことと、私自身、洋服屋のほうも並行してやっているためです。午前中から午後までは『カジカリー』。15時からは洋服屋のほうに行き、22時頃まで仕事を行っています。どちらも本業という大谷翔平スタイルでやっています(笑)」(カジカリー店主・梶川さん)

 前述の通り、そのときどきの旬の食材をより良くカレーに反映させていますが、お店の動向や予約などに関してはほとんどインスタグラムのストーリーで告知されるのだそうです。

「私一人でやっている店ですので、起き電話もないですし、基本的にはインスタグラムでこちらで発信する情報をチェックしていただき、予約などをしていただければ幸いです。お店が流行りすぎると、どうしても事故が起こりやすくなります。『座れなかった』『こうだとは思わなかった』など。こういった不満が出ないように心がけており、今は正直数字的な採算は取れていませんが、長い目で見ればリピートしていただけるはずだと思って、このスタイルでの営業をしています」(カジカリー店主・梶川さん)

全国的に見てもかなり独特の営業スタイルのカレー店ですが、その味もまた他店では絶対に味わうことができない個性的で美味しいものでした。かなり病みつきになる味でもあり、これを書いている筆者は今も「もう一度食べたい!」と思ってしまうほどです。鳥取エリアの方、近県の方はもちろん、遠方から食べに行ったとしても絶対に損はないお店です!

●SHOP INFO

店名:カジカリー

住:鳥取県鳥取市扇町138
https://www.instagram.com/kajicurry/

(撮影・文◎松田義人)

関連記事(外部サイト)