東京駅にカレー天国「TOKYO CURRY QUARTET」がオープン! 絶対食べたい「名店カレー」6選

東京駅にカレー天国「TOKYO CURRY QUARTET」がオープン! 絶対食べたい「名店カレー」6選

食楽web

 東京駅八重洲地区再開に伴い、リニューアルが進んでいる「八重洲地下街」(略称ヤエチカ)。2月2日(水)からは、カレーの人気店が集結した「TOKYO CURRY QUARTET」(トウキョウ カレー カルテット)がオープンします。こちらでは全国各地の人気4店舗の様々なジャンルのカレーを味わうことができるそう。

 そこで注目&一度は食べたい「名店カレー」6選をご紹介したいと思います。

奥芝商店の「宗谷黒牛100%おくしバーグカレー」

1780円

1780円

 東京23区初出店となる『奥芝商店』の「スープカレー」が登場します。北海道を代表するスープカレー店の1つで、毎朝約2000匹の甘海老の頭で出汁をとった元祖「海老出汁スープ」が絶品。ちなみに、公式オンラインショップでも自慢の「スープカレー」を注文できるのですが、なんと注文から発送まで約2か月待ち! 新店舗ならすぐ人気の味と出会えます。

奥芝商店の「小麦のかたまり」

各380円(税込)。全6種類・数量限定

各380円(税込)。全6種類・数量限定

『奥芝商店』が本気で作ったカレーパンは、「カレーパングランプリ」にてキーマカレーパン部門3年連続金賞を受賞した名品です。「海老キーマカレーパン」など全6種類を出品。テイクアウトが可能です。

銀座スイスの「元祖カツカレー」

1100円(税込)

1100円(税込)

 創業1947年の老舗洋食店『銀座スイス』が手掛ける新業態がこちら。『銀座スイス』は、宮内庁御用達「宝亭」の総料理長だった岡田進之助が創業。すりおろしの野菜を煮込んで作られるカレーソースは、小麦粉不使用でありながら、とろみがあり、食材の旨みがギュッと凝縮されています。カツカレーの発祥といわれる「元祖カツカレー」は、一度は食べておきたい名品です。

銀座スイスの「ポーク&ビーフカツ・カレーサンド」

1400円(税込)※ヤエチカ店限定

1400円(税込)※ヤエチカ店限定

 揚げたてのカツに、カレーをたっぷりと絡ませたサンドイッチ。お腹にしっかりたまるボリュームですが、オフィスや公園、新幹線の中でも食べやすい一品です。

コロンビア8の「キーマカレー」

1000円(税込)

1000円(税込)

 ミシュランガイドに掲載された実績のある大阪の名店『コロンビア8』は、関東初出店。30種類以上のスパイスを使用したキーマカレーが名物で、鶏ひき肉とブイヨンスープ、スパイスを調合して作られたサラサラなテクスチャーのカレーが特徴です。

シターラ ダイナーの「バターチキンカレー」

890円(税込)

890円(税込)

 2004年に名店集う青山骨董通りにオープンしたインド料理店『シターラ ダイナー』。体にやさしい本物のインド料理をコンセプトに、「アーユルヴェーダ」の医食同源の考えを基本としたカレーが人気です。

「バターチキンカレー」は、トマトベースに生クリームやカシューナッツなどを合わせた濃厚カレー。タンドールで焼かれたチキンが香ばしく、スモーキーさが他にはない大人好みの味に仕上げています。

 関東初出店のカレー店やヤエチカ限定メニューも目白押しですので、ぜひ立ち寄ってみてください。

●SHOP INFO

施設名:TOKYO CURRY QUARTET

オープン日:2月2日(水) 11:00
営:11:00〜22:00(21:30 L.O.)
住:東京都中央区八重洲2丁目1番 八重洲地下街 南1号
https://www.yaechika.com

関連記事(外部サイト)