ハンバーグの概念を覆す名古屋の人気店『挽き肉のトリコ』が渋谷に上陸。その魅力とは?

ハンバーグの概念を覆す名古屋の人気店『挽き肉のトリコ』が渋谷に上陸。その魅力とは?

食楽web

 多くの名古屋市民を文字通り“トリコ”にしている名古屋市栄区の大人気ハンバーグ店『挽き肉のトリコ』が、1月21日に東京・渋谷にて新店舗をオープン。評判の味を求めるお客さんが押し寄せる大盛況ぶりを見せています。

 “ここでしか味わえないハンバーグ”をテーマとしたお店のハンバーグは、厳選した食材を使った極上の味わいはもちろんのこと、既存のメニューとは一線を画す充実のオリジナルトッピングが大きな魅力。こだわりの食べ方を含めた気になるメニューの内容を、詳しく紹介していきましょう。

「究極のハンバーグ定食」

1500円

1500円

「究極のハンバーグ定食」は、厳選牛肉100%の肉汁たっぷり&250gとボリュームも満点のハンバーグをメインに、愛知県産のブランド米「あいちのかおり」を豪熱羽釜炊きのふっくらご飯と、オリジナルブレンドの味噌で仕上げた具沢山のお味噌汁がセット。ハンバーグの周りを囲んでいるのは相性抜群の薬味で、大蒜(ニンイク)のカケラ、国産生おろしわさび、自家製酸辣醤(サンラージャン)、岩塩、ブラックオニオンソース、青唐辛子味噌の6種類です。

 味変を楽しんでいるうちに、ハンバーグをきれいさっぱりと食べ尽くしてしまうかも!? 一緒に付いてくる愛知のブランド卵「岡崎おうはん」と別添えの自家製酸辣醤で作る“トリコ流TKG(たまごかけご飯)”で〆るのがオススメの食べ方。なお、ハンバーグで食べ切ってご飯がなくなった場合は、遠慮することなくご飯を追加(おかわり自由)しちゃってください。

「至福のハンバーグまぶし定食」

1800円

1800円

 もう一品の定食メニュー「至福のハンバーグまぶし定食」はズバリ、名古屋名物「ひつまぶし」のハンバーグ版。食べ方も「ひつまぶし」と同様に、まずはそのままいただいたら、次はねぎ・揚げ玉・のりの薬味3種類を乗せていただき、最後は牛だしを注いでお茶漬け風にさらさらっと。一食で3種類の味わい方が楽しめるメニューです。

 こちらはご飯の大盛りが無料となっていますので、ガッツリと行きたい方はオーダーの際に「大盛りで」の一言をぜひお忘れなく。

これまでの概念を壊す!こだわりのトッピングにも注目

左上「アボチ」+300円、右上「鬼おろぽん」+200円、下「次郎」+400円

左上「アボチ」+300円、右上「鬼おろぽん」+200円、下「次郎」+400円

『極上のハンバーグ定食」のもうひとつの楽しみ方は、ハンバーグに乗せるトッピングメニュー。ただでさえ美味しいハンバーグを、より贅沢に味わうことができます。

 スライスアボカドにたっぷりのパルメザンチーズをかける「アボチ」や、荒く下ろした大根とポン酢でさっぱりした味わいになる「鬼おろぽん」、アブラとカラミ、ゆでもやし&ゆでキャベツがセットの二郎系インスパイアトッピングの「次郎」に、デミグラスソースの味わいが嬉しい「懐かしのデミ」、こってり甘い「てりやきラテ」、小鍋で熱したとろとろチーズをまとわせていただく「チーズフォンデュ」の、豪華全6種類が用意されています。

 こうなると薬味の味変でいただいたときと同様にメインのハンバーグが足りなくなりそうですが、その心配はもちろん無用。+1000円でハンバーグのみを追加でオーダーすることができますので、己の食欲が誘うままに好きなだけ味わってください!

 メインのハンバーグからトッピングまで、美味しさも内容も“ハンバーグの常識”を超越した『挽き肉のトリコ』。来店の際はぜひお腹を存分に空かせておいて、大満足必至の一食を心行くまで楽しんでみてはいかがでしょうか。

●DATA

店名:『挽き肉のトリコ』渋谷店

住:東京都渋谷区宇田川町32-2 ノア渋谷B102号室
TEL:03-6433-7433
営:11:00〜22:00(L.O. 21:30) ※蔓延防止期間中は11:00〜20
休:なし
https://www.instagram.com/hikiniku_no_toriko_tokyo/
※価格は全て税込

関連記事(外部サイト)